winter's scarecrow

たけくらべ


湯島天満宮(天神)
e0158857_1984159.jpg


e0158857_1911334.jpg



男坂、女坂の梅はまだ蕾。

境内へ入ると蕾の開いた白梅がわずかに観ることができた。

学問の神様菅原道真を祀っている神社。
時期もかさなり受験生たちが多かった。
チャリーンと音がした。
おばちゃんが財布から賽銭を出そうとしたのか、落ちてしまった。
受験生がさっと振り向く。
ここでは「落ちる」「落とす」という言葉も行動もタブーである。

私も願い事を絵馬に記そうと思ったが色恋沙汰を祈願した不謹慎な絵馬は一つもなく断念。









e0158857_1924327.jpg

湯島天神から、ゆるやかな坂道を歩き本郷3丁目交差点へ。
"江戸あられ"という看板、昔ながらの硝子ケースに焼き上げたあられや煎餅が詰まっている。
そんな古めかしい店が二軒もあった。

明治の文豪たちの小説によく登場する"菊坂"を下ったあたりに嘗ては長屋が連なっていたと想わせる一帯にでる。
二葉亭四迷、竹久夢二、坂口安吾、梶井基次郎らが暮らしていた。宮沢賢治住居跡と記されたプレートもあった。


e0158857_19483067.jpg



そして路地を曲がると明治時代からの下宿屋が向かい合って建っている。
本郷菊坂70番地。現在は文京区本郷4-32。

樋口一葉が住んでいた建物が現存している。(左側)
16歳の頃から和服の仕立て、洗い張りで生計を立て一家を支えていた一葉。

『たけくらべ』を執筆したのもこの下宿屋である。

吉原の廓に住む、いつかは遊女になることを運命づけられた14歳の少女と僧侶の息子との淡い恋。
やがて僧侶になるための学校へ行くことになった少年は少女の家の窓に水仙の花を差込み、この町を去ってゆく。

隣町である丸山福山町へ転居した一葉は24歳の命を閉じる。





e0158857_202844.jpg

菊坂をのぼってゆく。
この界隈は帝大に近いこともあって多くの下宿屋があったという。今は姿を変え旅館になっているところもある。
石川啄木と親友の金田一京助が暮らしていた下宿屋もこのそばにある。
e0158857_2065578.jpg

東京大学を抜けて池の端方面へ。
東大生は男女を問わず黒髪の学生が多かった。女子は軽く染めているのかもしれないが男子は金、銀、茶髪は殆どいなかった。
EXILE風もいない。新鮮な驚きがあった。
彼らはいつの日か日本という国を背負い、やがて"渡り"となって暖かな越冬の地へと飛び立ってゆく。
e0158857_20134962.jpg

不忍の池。
大の苦手な鳥さんたちの楽園。足元にも頭のすぐ上にも我がもの顔で飛んでいる。
忍ぶ。
e0158857_20173822.jpg

e0158857_20181688.jpg





らーめんと北大路魯山人が共存する街、上野。
明治の香りを今も残す本郷界隈。
昭和の懐かしい顔をもつ池の端。

歴史のある町へきて蕎麦を食べず、なんでcoco壱のハンバーグカレーにしたのだろうか後悔が残る。
会計をするとき一葉を出すのを躊躇い、諭吉にした。

神田末広町から地下鉄に乗り有楽町のガード下で焼鳥で一杯と想ったがまだ陽は落ちていない。
by w-scarecrow | 2009-01-29 20:28 | 散歩 | Comments(11)
Commented by w-scarecrow at 2009-01-29 20:36 x
このページの写真が消えてしまうというトラブルがありもう一度投稿なおしました。その際、いただいた4つのcommentを新たに打ちなおして掲載しております。申し訳ありません。
Commented by oko1225 at 2009-01-29 20:38 x
家にいながら湯島天神の梅も見させて頂いて
本郷あたりをぶらりと散歩気分
blogってほんとありがたいものですねぇ。
Commented by w-scarecrow at 2009-01-29 20:42 x
okoさん、本郷界隈は楽しいですよ。
今、歩いている小路を一葉や梶井や賢治も日夜歩いていたのかと想うと不思議な感覚です。
梅はあと10日後くらいでしょうか。
奈良はいっぱい梅の見どころがあるんでしょうね。
Commented by kirara at 2009-01-29 20:46 x
鳥さんがお得意ではない「案山子」さんだったんですね。
東京にもまだまだ古い家屋が沢山残っているんですね!!
どの建物も由緒ある物で これからもずっと残っていって欲しいと思います。
Commented by w-scarecrow at 2009-01-29 20:52 x
kiraraさん、鳥他、飛んでいるものは駄目です。
もしダチョウと街で出くわしたら気絶していると想います。
東京は空襲のあった所とそうでない所の差で戦中からあった大きな病院や文化財的な場所の周辺は焼け残っています。
下町(隅田川の東側)は悲しいかな殆ど焼かれています。
kiraraさん、次回のキルトフェスティバルのときは本郷、根津、谷中界隈も訪ねてみてください。
Commented by 花子のバナナ at 2009-01-30 23:43 x
私も好きな風景です。
このあたりを歩いていると懐かしい思いに包まれ、いつまでも歩き回ってしまいます。
明治生まれじゃないのに不思議ですね。
「鳥帰る」季節になったので、もう少しの我慢ですよ。

Commented by w-scarecrow at 2009-01-31 00:48 x
花子さん、湯島天神あたりは下町ですが本郷・小石川あたりの当時の山の手は蕎麦屋の看板が少ないんです。
ミシュラン花子の蕎麦屋編にもこの界隈は載っていないですよね。
一葉や賢治や夢二たちはたまに外食をするときはどこで食べてたんだろ。
湯島か末広町まで下りていったんでしょうか。
帝大生はなにを食べていたんですかね。学生=そばですよね。
花子リポート待ってます。
Commented by mico_hidamari at 2009-01-31 23:29
もう梅が咲き始める頃ですね。
白梅、きれいですね。
私もいつかこんな趣のあるところを散策してみたいなぁ・・
Commented by w-scarecrow at 2009-01-31 23:41 x
micoさん、写真は「湯島の白梅」なんですがまだ陽当たりのよい所しか花が開いておらず困りました。
梅は「陰にひっそりと咲く」のイメージなので太陽を浴びてる梅は撮らずに帰ってきました。
micoさんちの周りでもそろそろ蕾が開く頃だと想います。
白梅、紅梅、upしてくださいね。
Commented by tukiyomi at 2009-02-01 22:59 x
こんばんは☆
先日はブログにコメントをいただいて、ありがとうございました。
もう梅が咲いているのですね。
景色を楽しみながら、散歩をしてみたくなりました♪
Commented by w-scarecrow at 2009-02-02 16:22 x
tukiyomiさん、ご訪問ありがとうございます。
湯島、神田、本郷界隈、楽しいです。
神保町、神田の蕎麦とカレーの旅もたまにしています。
下北沢は美味しい蕎麦屋がないので困りますよね。
今、blogで紹介されていたハワイアン・レストランの前を通って帰ってきました。カレー屋さんでしたね。
また覗いてください。