winter's scarecrow

忘れていないもの

e0158857_1205888.jpg
秦基博

正月のおせちに飽きてさて何を聴こう。
ウルフルズを聴いて「壊したろ」の気分になるか秦基博に行こうか。

『僕らをつないでいるもの』
二人が夜の閑散とした街を歩いている。
どこに行ったらいいんだろ俺たち。
幼い恋と知りながら ♪不安を塞ぐようにキスをするんだ。ゆれる雲が月を塞ぐ前に♪
歌詞の細かい描写が鮮明な映像として浮かんできます。

高校時代の初恋の子。細身に色黒のサーファー風の子だった。
「高校生は煙草を吸っては駄目」と吸っていたロング・ピースは取り上げられ彼女の机の引き出しがロング・ピースだらけだったらしい。
新宿番衆町の旅館街、いつもそこで別れる。
今はビジネスホテルになってるが、当時は木造の旅館。いつもそこで「じゃあね!」
そこが彼女の住んでいる家。旅館の娘。
どうしたらいいんだろ。毎回、毎回、旅館の前で「送ってくれてありがと!おやすみ!」

秦基博、New Releaseでも瑞々しい心情を歌っています。
元気になります。
[PR]
by w-scarecrow | 2009-01-05 00:20 | music | Comments(4)
Commented by kirara at 2009-01-05 14:49 x
ピュアですね^^
わたしも高校生の時 手作りクッキーを持って
はじめてボーイフレンドの家にあそびに行った時のことを
思い出しました。
何故か急に今 井上陽水の「闇夜の国から」を聴きたくなりました。
その当時 深夜放送で聴いたときの鮮烈なイメージがよみがえって来ました^^
Commented by w-scarecrow at 2009-01-05 20:19 x
マフラーをもらうのは恥ずかしかったけどクッキーは嬉しいですね。
kiraraさん、ボートハウスのトレーナーのペアルックはしなかったんですか?
♪闇夜の国から二人で舟を出すんだ~♪ 今でもすぐ歌えます。
陽水が鶴瓶と同じヘアースタイルの時代ですもね。
朝まで深夜放送をきいて学校へ行ったら ♪まっ白な陶磁器を眺めてはあきもせず♪状態でしたよね。
Commented by mico_hidamari at 2009-01-07 08:33
秦基博、聴いたことないので今度ぜひ聴いてみたいです。
初恋の思い出いいですね。
ふとした時に思い出しますよね。
↓のおみくじの写真が、なぜかとても好きです♪
Commented by w-scarecrow at 2009-01-07 09:23 x
micoさん、秦基博は一直線な感じで聴いていて清々しいです。
おみくじは木の枝に結びつけているところが多いのですが大きな神社は写真のようになっています。
みんなの願いがいっぱい並んでいていいですね。