winter's scarecrow

2009 煩悩

e0158857_23522833.jpg




あけましておめでとうございます




昨年は温かなコメントをいただきほんとうにありがとうございました。
今、TVで『ゆく年くる年』が流れています。

日本各地のお寺さんの鐘の音。
年が明けてから最後につく108番目の鐘。

人間の108つの煩悩。

毎年、この鐘の音をきいて
いつかは笠智衆さんみたいな枯れかたをしたいと想ってきました。

鐘の音が終わりチャンネルを変えたら石田純一が運悪く出ていました。
もう少しだけ笠さんではなく石田さんをやってからでもいいかなと想いました。
(実際の石田さんは男から見てもほんと素敵な人です)

今年もよろしくお願いいたします。

写真は戦前のつむぎで祖母から母へ受け継がれた着物です。
ほかにも年代物の着物があったのですが幾何学的な模様で地味ながら新しさを感じる80年前の柄。
[PR]
by w-scarecrow | 2009-01-01 00:57 | そのほか | Comments(4)
Commented by oko1225 at 2009-01-01 17:59
明けましておめでとうございます。
世界的にはなかなか厳しい幕開けのようですが。
いかがなお正月をお迎えでしょうか?
私も母から譲られた泥染めの大島紬があります。
母の着た紬のしゅっしゅっという衣擦れの音が懐かしいです。
今年もブログ楽しみに拝見させて頂きます。
Commented by w-scarecrow at 2009-01-01 18:21 x
okoさん、明けましておめでとうございます。
母から娘へそして孫へと受け継いでいってほしいです。
うちの母は戦中、銀座・伊東屋に勤めていて制服はなく着物で接客をしていたみたいです。
今でもデパートへ行くと呉服売場へ寄るみたいです。
奄美大島を歩くと機織りの音がきこえるのでしょうね。
大島紬の風合い素敵ですよね。
僕もお邪魔させてもらいます。

Commented by little leaf at 2009-01-01 23:45 x
明けましておめでとうございます。
とても素敵な色のお着物ですね。私の母も着物好きで、お正月は必ず着ています。私も着たい気持ちはあるのですが、自分で着られない・・・という情けない状態なので、今年も着ずに終わりそうです。
母が元気なうちに「着付け」を習う予定です。が、何時になるやら・・・。 
今年も楽しみにお邪魔させていただきます。
Commented by w-scarecrow at 2009-01-02 00:16 x
little leafさんうちのそばに日本民藝館というところがあって『はぎれ展』とい戦国時代からの布地のはぎれの展示会がたまに催されます。
それが更紗から紬まで観ててすごく興味深いです。
新しいオーブンでいっぱい美味しいパンを作ってupしてくださいね!