winter's scarecrow

Don Friedman

e0158857_14165199.jpg
Don Friedman / A Day in the City
D.Friedman(p) Chuck Israels(b) Joe Hunt(ds)
Recorded in June12,1961

ドン・フリードマン
1935年San Francisco生まれのjazzピアニスト。
Dexter Gordon,Shorty Rogers,Chet Bakerらと活動し、1958年、N.Y.C.へ進出。
この A Day in the Cityが彼のファースト・アルバムである。
’60年代初めのN.Y.C.の街を写したジャケット写真。
BLUE NOTEにはフランシス・ウルフという有名なカメラマンがMusicianの自然体の姿を切り取り少しの遊び心で見事なアルバムデザインをしていました。
BLUE NOTEの創始者であるアルフレッド・ライオンとはベルリン時代のレコードコレクター同士。コレクターだからこそjazzファンの満足できるジャケット作りをしてきたのだと想う。
このRiverside Recordsはオリン・キープニュースがBill Evans,Thelonious Monk,Wes Montgomeryらをメインとして製作してきたレーベルである。BLUE NOTEと違ってポートレイトのカラー写真のジャケットが多い。センスはあまりよくないレーベルです。
そのなかでA Day in the Cityの写真は印象的でした。

日本でD.Friedmanという名前が知られ始めたのは翌年の1962年に録音された『Circle Waltz』がきっかけである。ファーストアルバムの録音から二ヵ月後に録音された『Booker Little & Friends』に鬼才Reggie Warkman,Pete Larocaとの強力なリズム・セクションで参加していた方を憶えていたファンも多いはず。
マンネリ化したハード・バップから脱却するんだという想いが夭折した天才トランペッターBooker Littleと若き共演者からひしひしと感じられました。

jazz批評家たちのいう「ビル・エバンス派」「バド・パウエル派」の区分け、D.Friedmanに限ってものBill Evansとの対比ばかりを目にする。同じ時代N.Y.Cで活動していた白人のピアニストなら多かれ少なかれ影響は受ける。
この頃のD.Friedmanのアルバムを聴いていると時にBud Powellだったり、MonkだったりB.Evansだったりします。それがD.Friedmanなのである。

このジャケット写真は左側が少し黄ばんでしまっている。’70年代の終わりにBerkleyの古レコード屋で購入した。アメリカに行くというと「欲しいレコードリスト」を何人かの人から渡される。
探すのは大変でしたが旅費が浮くくらいの金額になるときもありました。
彼らはBLUE NOTEの1500番台のfirst pressだったらなんでもいいという。jazzファンというよりレコード盤ファンだったので。高く買ってくれました。
自分が欲しかったのはPacific Records『Russ Freeman Trio』の10inch盤。A day in the Cityと同じくジャケットがいいんです。
Don Friedmanは世紀の変わった今も昔と同じように瑞々しい旋律を奏でています。嬉しいですね。
[PR]
by w-scarecrow | 2008-11-15 16:15 | music | Comments(4)
Commented by thank you at 2008-11-15 22:28 x
父がジャズが大好きで、74歳ですが、いまだにプロのピアニストがいる飲み屋で弾いてもらって趣味で時々うたっています。私はあまり詳しくないのですが、聞くと「父がうたっていたな」と思う曲も多いです。
すてきなブログにまたお邪魔しますね。
追伸 息子はいよいよ野球はじめました!!
Commented by w-scarecrow at 2008-11-15 22:56 x
thank youさんありがとうございます。日ハムファンの息子さんがんばってほしいです。マイケルと工藤対巨人の二岡、林投手のトレードが成立したみたいです。日ハムの有利なトレードです。以前息子さんの学校の先生が雪の日に裸足で走らせたとblogで書かれていた時があって「いい先生だ!」と褒めたコメントを送ったことがあり、ずっとトラウマになっていました。果たしてそれがいいことなのか・・。作家さんのうつわが楽しくてお茶を飲むのも焼酎を呑むのも家で呑むのが楽しくなりました。これからupしていきます。お皿も楽しいです。お父さんいいスッね。元気ですね。


Commented by こたりん at 2008-11-20 22:03 x
こんばんは。ブログ開設おめでとうございます。早速遊びに来ました。
文章も写真も素敵で、引き込まれるように読んでしましました・・・
ところで、わたしもジャズは好きです。ドン・フリードマンも「Circle Waltz」はよく聴いています。こちらのアルバムも気になりますね。今度是非、聴いてみますね。
Commented by w-scarecrow at 2008-11-21 15:47 x
こたりんブログはほんわりとした楽しいブログ。D.Friedman聴いておられるんですね嬉しいです。piano trioってbassが魅力ですよね。bassが大好きなのでこれからも紹介していきます。あまりメジャーでないものを。
こたりん島袋、ウクレレ・ライブを楽しみにしています。