winter's scarecrow

繋がる


e0158857_00121344.jpg



雑草は孤独を愛する。

街を歩くとよく見かけるアスファルトの隙間に力強く芽を出した雑草、「こんな所に?」と目を疑うが植物にしてみれば隙間は天国らしい。

競争相手は近寄れず、陽の光を独占できるから・・あんなに狭い所でも彼らにはパラダイス。


外を見渡せるカウンターの横には若いスーツ姿の青年が、ミラノサンドをスマホをいじりながら食べている。 食べているというよりただ口に運んでいる。

陽の光をさんさんと浴びたパラダイス。

私はレタスドッグ。

鮮やかな紅葉や黄葉、季節は錦繍。黄色の絨毯の上を散歩する戦中、団塊の世代の人たち。

美しい暖色の落ち葉は葉の老化に伴う機能の低下だそうだ。

一年間、ご苦労さんです!と落ち葉と路往く人たちに温かな声をかけたくなる。


e0158857_19233733.jpg


1964年の東京オリンピックの開催前後に生まれた少年は、高度成長期という産湯につかい、アポロと大阪万博に未来を教えてもらった。

ノストラダムスと宇宙戦艦ヤマトによって地球はやがて滅亡するんだと信じていた子供たち。

そんな彼らも50歳を過ぎた。 地球はまだ大丈夫みたいだ。 

団塊の世代も彼らも、もちろん携帯やパソコンのない時代、心細い夜はラジオの深夜放送が夜をともにしてくれた。
学校や友人関係の不安、見知らぬ若者たちのハガキに共感していた。

きっと僕らも繋がっているんだろう・・同じ時、同じ放送を聴いていると考えたら孤独感も薄らぐような気がした。


スマホを片手にミラノサンドを口に運んでいる青年、よくスマホを間違えて口に入れないなと感心する。 そんな一瞬のヘマを見たいのに。
手にしたスマホは誰と繋がっているんだろう? 未来?


Queen's Isetan で売っている¥480の冷凍ではないマルゲリータのピザを買ってきた。20cmくらいの大きさでつまみにはちょうどいい。生地もナポリ風でなかなか美味い。

とろけるチーズを増量してハラペーニョを散りばめて焼いた。
TVの佐藤栞里ちゃんの笑顔を観ながら、晩飯はこれで十分かも。 口なおしに永谷園の松茸のお吸いものを飲めばいい。


[PR]
by w-scarecrow | 2017-11-20 20:27 | 散歩 | Comments(2)
Commented by cookie at 2017-11-24 18:05 x
かかしさん、こんにちは。

この写真のような並木道を歩きたくて、昨年の今ごろ初めて行ってみました。
黄色の絨毯は人の足で埋め尽くされ、思ってたのと違うぞ??という感想でした。
まだまだ、都会を甘く見過ぎてましたね・・・


先日は、またまた美味しい情報ありがとうございました!
アップルパイ好きなので「マミーズ」のアップルパイは食べたことがありますが、
「Granny Smith」はずっと気になってるけど行けていないお店です・・・。
あとのお店は知らないお店なので、メモメモしておきます♪
ありがとうございます。

佐藤栞里ちゃん、笑顔がカワイイですよね!!
Commented by w-scarecrow at 2017-11-25 00:09 x
cookie さん、こんばんは。
銀杏並木は大学構内が素敵ですよ。

東京大学本郷の赤門へつづく銀杏並木と落ち葉は言葉を失うくらいきれいでした。黄金色の絨毯、今が見頃です。
本文の写真は神宮外苑絵画館前の銀杏並木です。

紅葉はcookie さんは池袋をベースとされているので東武東上線志木駅下車、バスで15分の所にある「平林寺」の紅葉は見事です。広い敷地内、紅く染まっていま12月に入ってからが見頃ですよ。すごいです。
何かリクエストもないのに勝手に案内してすみません。
紅葉、23区内だと自由が丘・九品仏なある「浄真寺」も見事。

先日、隣で飲んでいたカップルの話す瀬戸内海地方の方言とアクセントで心地よく耳に響いてきました。
ヤクザ映画や山本浩二、達川の喋るキツイ広島弁ではないので適当に「山口県の方ですか?」と訊いたらピンポン!岩国のお二人でした。やわらかいアクセントなんですね。
「グラニースミス」古き良きアメリカの味ですよ。是非。

佐藤栞里ちゃん、癒してくれますね。力がゆっくりと抜けていきます。