winter's scarecrow

がんばれ、お母さんたち


スーパーで4,5歳の男の子がカートを押しながらあっちへ行ったり、こっちへきたり。
もう楽しくてしょうがない。

「いい加減にしなさい!」とお母さんの声。
お母さんの横にはやっと歩き始めた女の子。

お母さんは子供連れなのでじっくりとは選んでいられない。
男の子は「はんぺん入れてね」とリクエストしながらカートを押している。 
下町とは違って見て見ぬふりのこの界隈では珍しく70代のおばあさんが、ぶつかってきそうなカートを止めて忠告「ダメよ、ここは遊び場じゃないのよ」と言っていた。

お母さんはその光景を目にして「すみません」と頭を下げている。 「大変だねー、このくらいの時は」と優しい笑顔。
わんぱくな子は懲りるはずがない、またカートでまっしぐら。



e0158857_02531413.jpg



お母さんちの夕飯はおでんだ、いろいろと竹輪や薩摩揚げをカゴに入れている。男の子はまっしぐら。
また、「wくん、ダメよ!」と怒っている。 私と同じ名前だ。

一日の買い物、30代のお母さん、「wくん、ダメよ!」と「すみません!」何度、同じ言葉を発しなければいけないんだろう。

たいへんだ、お母さんたち。

以前に作った金沢風おでん、石川県のアンテナショップへ行ってもおでんのたねが見つからなかったが、歩き廻ってそれらしきものを買って作ってみた。 美味しかった。


謝ってばかりのお母さんも、家族そろっておでん鍋を囲んでいるだろう。
「wくん、いいかげんにしなさい!」と声が聞こえてきそうだ。

子供を後ろに乗せ電動自転車で縦横武人に走り、自転車は左側通行だよと!交通ルールを全く関係なしに飛ばしているお母さんたちにいつも腹を立てている!スピードの出しすぎだ!と心配する。

コンビニのおでん売場はもう8月から始まっている。
ひとり暮らしの女性たちが買っていく姿を目にする。

こんにゃくに、しらたき、はんぺんだったらダイエットになるかもしれない。
お姉さんたち、家でおでん鍋を作ろう・・近所に豆腐屋さんがあったら足を運ぼう、生揚げ(厚揚げ)がんもどきだけは、スーパーのものとは全く違うから。こんにゃくも。

         ” 鍋もって おでん屋までの月明かり ”  風天 (渥美清さんの句)



[PR]
by w-scarecrow | 2017-08-31 02:30 | | Comments(0)