winter's scarecrow

外は白い雪の夜  


e0158857_04371176.jpg


                    大事な話が君にあるんだ
                    本など読まずに 今聞いてくれ
                    ぼくたち何年つきあったろうか
                    最初のに出逢った場所もここだね
                    感のするどい君だから
                    何を話すかわかっているよね
                    傷つけあって生きるより
                    なぐさめあって 別れよう
                    だから Bye-bye Love
                    外は白い雪の夜

                    あなたが電話でこの店の名を
                    教えた時から わかっていたの
                    今夜で別れと知りながら
                    シャワーを浴びたの 哀しいでしょう
                    
                    サヨナラの文字を作るのに
                    煙草 何本並べればいい
                    せめて最後の一本を
                    あなた喫うまで、支えてね
                    だけど Bye-bye Love
                    外は白い雪の夜

                    客さえまばらなテーブルの椅子
                    昔はあんなににぎわっていたのに
                    ぼくたち知らない人から見れば
                    仲のいい恋人みたいじゃないか
                    
                    女はいつでもふた通りさ
                    男を縛る 強い女と
                    男にすがる弱虫と
                    君は両方だったよね

                    あなたの瞳に私が映る
                    涙で汚れてひどい顔でしょう

                    最後の最後の化粧するから
                    私を綺麗な思い出にして
                    席を立つのはあなたから
                    後姿を見たいから
                    いつもあなたの影を踏み
                    歩いた癖が直らない
                    
                    Bye-bye Love
                    そして誰もいなくなった
                    Bye-bye Love
                    そして誰もいなくなった


                                詩:松本隆  作曲:吉田拓郎



吉田拓郎が憧れ師としたノーベール文学賞受賞者のボブ・ディラン、時代の流れをつくった孤高の人。 
でも歌詞はそんなに文学的ではなく言葉の比喩と、ストレートな表現のインパクトが強かったような気がします。

♪ 外は白い雪の夜 ♪ 松本隆さんの詩です。
どれだけこの曲を聴き、のたまわったか。 青春時代の自分勝手でろくでもない私の姿が映ります。

「そして誰もいなくなった・・・」






 
こんな、こころ打つアンサーソングの詩を書いた、松本隆さんに私からのノーベル文学賞を。

飲み屋のカウンター、おじさんたちの会話「おまえ、まさかインスタやっんの?」、だぶん同級生の仲間「あれだろ、お湯をかけ3分待つやつ、たまに・・」
軽い返しが、最近のキュンとした出来事でした。
          


[PR]
by w-scarecrow | 2017-06-10 05:44 | 映画 | Comments(0)