winter's scarecrow

ふるさと


♪ 上野ば出だ 晩(ばんげ)の汽車っ子 着いたどき 青森の停車場は 吹雪(ふぶ)いでだ ♪

阿久悠作詞「津軽海峡・冬景色」を津軽の言葉に翻訳したもの。 

元の歌に劣らなぬ,
しみじみとした味わいと、北国のねぶたに注ぐ情念と反比例で端的な津軽の言の葉。



e0158857_21164044.jpg


♪なまじ腰ば降ろして休もうなんて 絶対思うたらつまらんど 死ぬ気で働いてみろ 鉄矢 ♪   

武田鉄矢さんのお母さんから言葉 ”母に贈るバラード” 1972年高度成長期の人々の気合と博多弁のきっぷのよさが漂う。

家の前に三重ナンバーのトラックが停まっていた。
引っ越しであろうか、母娘の軽妙なお国言葉が聞こえた。 ファミチキの入った袋をプラプラと持った私に会釈するお母さん、新入生であろうか荷物を運ぶ娘さんのジャージ姿が初々しい。


仲の良かった大阪出身のスタイリストの30代後半の女子がいる。、スタイリストはフリーの場合、住所が港区南青山、麻布、渋谷区神宮前、広尾など名刺に書き込まれる住所が欲しく、無理して高額な部屋に住んでいた。

彼女の故郷、泉州の祭りや水茄子の話をすると、少し涙目の河内弁を聞くことができた。 それが可愛いかった。 
もう、港区、渋谷区の名刺のアドレス必要ないじゃん! 

素のままで行こうぜ。




by w-scarecrow | 2017-03-21 22:44 | そのほか | Comments(0)