winter's scarecrow

アモーレ

e0158857_19522026.jpg



           ♪ ソーダ水の中を貨物船がとおる 小さなアワは恋のように消えていった・・♪


ユーミンのヒット曲 『 海を見ていた午後 』 の一節。 ここは横浜山手の " ドルフィン " ではなく、しがない街のしがない居酒屋。

ウーロンハイの中には貨物船が映るわけもなく、天井の裸電球が映るだけ。


発売から42年たって今も、当時の思い出を胸にしまった客がドルフィンを訪れるという。



「渋谷の街、ハロウィンですごかったですねぇ」

「すごかった!どこ見てもうちのカミサンがいるんじゃないかって、恐ろしいのなんの」

そんな会話を聴きながら貨物船が映る窓辺でソーダ水を飲んでいる自分の画を想い浮かべる。

全く絵にならない。


私には夫婦の話が新鮮で楽しい。 カミサンのことを「敵」と呼ぶ友人もいる。

「敵はおめかしして、同級生との女子会だって。なんで女子と会うのに塗りたくって行くのかね?」

武士みたいなカミサンがいる友人は、「カミサンはどんなことでも白黒をはっきりつけたいやつなんです。曖昧なことが大嫌いなんです」

もちろん野球で延長12回、引き分け終了みたいな決まりは彼女(長州出身)は許せないかもしれない。信号機の黄色も腹が立つのかも。


サヨナラ脂肪川柳というのがあった。

           " アモーレも今では 肉にウズモーレ "

            " 暑気払い 体重計で肝試し "

             " 幸せはのど元過ぎて 後悔へ "
        

毎年一回の人間ドックを受けている友人。 結果はいつも数値がオーバーばかり。

3高、背が高く、高学歴、高収入が女子の理想像。 3高、高血圧、高血糖、高脂肪ではダメだと日々、闘っている?!

普段は減塩、低カロリー、無農薬の食事を摂っているらしいが、彼女に隠れてちゃんと塩分、高カロリーを補給している。
カップ焼きそば " 一平ちゃん " をマヨネーズ増量で食べている。 隠れて食べる一平ちゃんはなんとも旨いことだろう。


そんな愛情ある神サンのボヤキを聞きながら呑む、裸電球の映るウーロンハイの旨いこと。
by w-scarecrow | 2016-10-31 20:55 | そのほか | Comments(0)