winter's scarecrow

ARIGATO

e0158857_218461.jpg







涙があふれる 悲しい季節は

 誰かに抱かれる夢をみる

 泣きたい気持ちは 言葉に出来ない


 今夜も 冷たい雨が降る

 こらえきれなくて ため息ばかり

 今もこの胸に 夏は巡る・・















あれが「青春」だったという思い出は桑田佳祐の ♪ 真夏の果実 ♪ だけではないがたいてい夏に起きている。

夜中の公園や友人の4畳半のアパートでの語らい、腹の底から笑い、泣き、未熟な自分に怒りをぶつけていた。


e0158857_2125773.jpg



下北沢の阿波踊りも終わった。

五輪、高校野球、夏祭り、一挙にやってきた夏の祭典。

大人になる旅路のどこかに置き忘れてしまった一重の夢。 祭りのあとの寂しさ。

自分の明日を重ねるから、筋書きのない逆転のドラマに人は惹かれる。

大人になった諦めとは無縁のかつての夏の日を、選手を通して取り戻し、拍手を送っているのかもしれない。


e0158857_21365428.jpg




e0158857_21375928.jpg




e0158857_21385137.jpg




e0158857_21394656.jpg



リオ五輪、バトミントンのダブルス、タカマツペアの決勝戦を夜中に見入ってしまった。
松友さんの名脇役(主役かも)のプレーに魅せられてしまった。

松友さん、どう見てもミカンやスダチの木々が連なる小さな町の小さな郵便局で切手や収入印紙を売っている郵便局員に見えてしまう。

小柄な子の負けん気の強さを見せてもらいました。

東京への五輪旗の引き渡しのセレモニーで、OBURIGADOとARIGATOの文字が会場に映し出された。

どこか似ている、「ありがとう」。

世界中で一番素敵な言葉「ありがとう」


茶沢通りにある小さな長屋のパン屋さん、KAISO(カイソ)の美味しいバケット、これまたバケットサンドも絶品、明日買いに行こうっと。
by w-scarecrow | 2016-08-23 22:01 | そのほか | Comments(0)