winter's scarecrow

ぬか漬け

e0158857_19245281.jpg



e0158857_1926924.jpg



ケルト神話ではナナカマドは魔女の木といわれ、霊的な力を呼び起こす力があるとされている。

ファインダーを通して眺めていると「おとぎの国」へと引き込まれていきそう。

妖精たちにはそんな遇いたくないが、クッキーを作っているクッキーモンスターには会ってみたい。


e0158857_19411358.jpg



              米ぬかを蒸す干す炒る
              一つかみ天塩ほうりこんだ
              水を沸騰させて よく冷やしてくわえる
              みそぐらいの固さにして それから
              昆布 赤唐辛子 ショウガ 魚の頭

              古いパンを少し ビールをちょっとという感じ
              しっかりした樽か 瓶につめる
              
              漬けるものは何だっていい
              きみの時間を漬けてみるといいよ
              ぬかみそは毎日ってことが大切なんだ
              日に一度手を突っ込んで掻きまわすんだ
              
              新鮮な空気がたくさんほしいんだ
              風をいっぱいに通してやるんだ
              酸っぱくなってきたら 重層を一つまみ

              こころのカケラを二ツ三ツ混ぜてやる
              孤独な生きもののように
              冷たくて暗いところがぬかみそは好きだ

              急いではいけない
              ぬかみそを漬けるとわかる
              毎日がゆっくりとちがってみえる
              手がはっきりとみえる


                                     長田弘詩集「食卓一期一会」より


デパ地下でいつものようにぬか漬けをかってきた。きゅうりにナスにカブ。
スーパーでパックに入っているぬか漬けは塩っからい。

おふくろやばあちゃんの味がしない。 

自分で漬けたいという欲求を抑え毎回毎回買っている。ハマったら最後なんです。

「漬ける」行為はまさしく時間を感じるということ。ぬか漬けができあがるまでの時間も一緒に食卓で味あう。

いいな~。
by w-scarecrow | 2016-06-13 20:16 | そのほか | Comments(0)