winter's scarecrow

うつり気

e0158857_21292632.jpg


         思いきり愛されたくて 駆けゆく六月 サンダル あじさいの花   俵万智


e0158857_21324382.jpg



東銀座のビルとビルの狭間で野菜を売っている86歳のおばあちゃんがいる。

働く女性の笑顔のなんと綺麗なこと。 おばあちゃんは茨城から毎朝新鮮な野菜を1mはある大きな籠を背負ってやってくる。


昭和30年代から千葉から来る行商のおばちゃんたちの専用車両が京成電鉄にも国鉄にもあった。もんぺを穿き籠を背負い都内各地のお得意さまの家々を売り歩く。

私の家にも物心ついた時から千葉からのおばちゃんがやってきた。 多めに野菜を買ったときは干し芋をサービスで置いていってくれた。
「w ちゃん、好き嫌い言わずにいっぱい食べて大きくなんなさいな」

おやつには、よそんちみたくゼリーやホットケーキを食べたいが、いつも干し芋か味噌おにぎり。
干し芋はいまだに嫌いだ。


e0158857_21533212.jpg


瀬戸大橋が開通してからは高知のトマトもピーマンもショウガも採れたその日の新鮮野菜が東京へ入ってくる。
鳴門金時、愛媛の新種の柑橘類。東京では流通が少なかった野菜が今は身近な存在になっている。

秋田のジュンサイ、宮城の曲がりネギ、大阪の水茄子、各地の名産品がアンテナショップを回れば手に入る。
そんな野菜たちを手にしたときの幸せな気分。 

6月、緑色をした野菜たちの旬を迎える。 いつも行く飲み屋さんで出してくれる東京狛江市で採れた枝豆が抜群に旨い!

e0158857_22155796.jpg


     ” 安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませぬから ”

広島・平和記念公園にある原爆慰霊碑に刻まれた碑文には主語がない。 人類の使命。


雨に濡れた紫陽花はより色の深さを増す。 紫陽花の七変化、無情、移り気などの花言葉、そんな浮気な花々に包まれてみたいですね。
[PR]
by w-scarecrow | 2016-05-30 22:36 | そのほか | Comments(0)