winter's scarecrow

おもいでポロポロ

e0158857_2121097.jpg

                   代々木上原の銭湯&コインランドリー



「希望とは地上の道のようなもの」魯迅は言っていた。

もともと地上に道はない、歩く人が多くなればそれが道になる。祖国に失望しもがいていた文学者・魯迅。


今まで出逢ってきた人たちに、自分には全くない大きさ、大らかさ清々しさを感じるときが多々あった。

この人はどんな所で育ってきたんだろう? 海も山も青い空も済んだ水もその人背中の向こうに広がっている。

いつも思う。土。

私は幼稚園も小学校もそれ以降も土を踏んで通学することはなかった。 小学校の校庭はコンクリートだった。

土を踏むことがなかった。土の上で遊ぶことも少なかった。


高畑勲監督の映画 " おもいでぽろぽろ " 、主人公のタエ子は親の代から東京育ち、夏休みに祖父母の待つ古里へ帰省する友達が羨ましくてしょうがなかった。

夏休みの宿題の作文の題材が私もなくて困った。

父も祖父もよく判らない先祖も東京生まれ。帰省する古里がない。

虫捕りや川遊び、田舎の夏祭り、縁側でスイカの種をプイプイと飛ばすこともなかった。

タエ子は20歳を過ぎてから親戚が住む山形へと足しげく通うことになる。

私も大学時代の友人の住む静岡や東北、北海道へとポカリと空いた穴を埋めるように勝手に帰省することにした。

なんでこんな性格な人間になったんだろう?と想う。 「土」なんだ、きっと。
[PR]
by w-scarecrow | 2016-05-25 22:13 | そのほか | Comments(0)