winter's scarecrow

おから

e0158857_15164426.jpg



              ゴマ和え


                台所に立てば
                菜をゆすがなくてはなりません
                菜をゆすいだら茹でなくてはなりません
                
                台所に立てば
                火はほうほう言うし
                鍋はじんじんじんじん
                そこで塩を一つかみ
                菜が色よく茹ったら
                水に放さなきゃならないし
                そろえて絞ったら切らなきゃならないし

                台所に立てば
                重ねたお皿はカチャカチャカチャ
                湯気やら煙やら
                あっちから こっちから
                そらそらゴマがピチパチ跳ねて
                アッチチ 鍋掴み鍋掴み
                布巾 摺り鉢 菜箸 醤油

                台所に立った途端にドミノ倒しがはじまって
                ひっかかっている心配事は
                こぼれ落ちそうな悲しみ事は
                あと回しにしなきゃあ なりません


                                山崎るり子詩集(思潮社刊)


e0158857_15254621.jpg



何気ない毎日が風のように過ぎてゆく、どこに向かって吹いているんだろう・・。

うつろいやすい春、少しづつ何かがずれている。



『トントントン、日野の2トン』と呟きながら、駅からの坂道をのぼっていく。

坂のてっぺんにはいつもの豆腐屋さん。

また生揚げ(厚揚げ)の肉詰めが食べたくてのぼっている。ねぎと挽肉は背中のリュックのなか。



e0158857_17564885.jpg

「すみませ~ん、卯の花を2パックください」と40歳代の母親。

卯の花や豆腐屋ならではの惣菜が店頭に並んでいる。

「これ豆腐で出来てるの?」と中学生くらいの娘。

「おからの炊き合わせ・・」

「おから?!卯の花って名前がキレイだね」




おからは " 空っぽ " " 中身のない " という意味。 

でも椎茸やニンジン、こんにゃく、ごぼうなどと出し汁で鍋にかければ、美味しさをいっぱい抱き合わせた一品ができあがる。

私も次に来たときはおからを買って帰ろうっと。 いいね日本の食。


    ” 卯の花の 匂う垣根に ホトトギス早も来鳴きて 忍音(しのびね)もらす 夏は来ぬ ”
[PR]
by w-scarecrow | 2016-05-20 18:04 | そのほか | Comments(0)