winter's scarecrow

福岡の絶品ごはんの供

e0158857_1236068.jpg




e0158857_123719.jpg



東急東横店で催されていた福岡物産展。

ご飯の供を2品だけ購入。

全国の物産展の中で福岡県が一番待ち遠しい。辛子明太子もお取り寄せとなると送料が千円を超えてしまう。
今回はお気に入りの明太子屋が出店をしていなかったので我慢。

玄界灘の海産物や水産加工品、福岡は食指の動くものばかり。

いつの間にか東京から消えたインスタントラーメン " うまかっちゃん " も置いてほしかった。


e0158857_1249217.jpg



食べたい " ご飯のお供ランキング " でいつも上位にいる大宰府・十二堂えとやの " 梅の実ひじき " 、ひじきが甘く炊かれていたらいやだなと思っていたがなんのなんのカリカリ梅とベストマッチで大満足。


e0158857_1254336.jpg



福岡中央卸売市場にある後藤宏商店の " からし高菜 "。 高菜はうまい!今まで食べたからし高菜の中で一番美味しかった。


ベランダにある栗の木と、春から夏までは葉が紅色、秋からは緑に変わるモミジの木がいつの間にか元気な葉をつけている。
水やりを怠けてもすくすくと生きてくれている。

四月の青い空。 フレッシュマンたちが大きく深呼吸、呼吸を整えてゆっくりと行こうっ。

「東京駅で東北の方に『 お~い 』と叫んでみる、『 お~い 』と返ってきたらそれは " やまびこ ”、西の方から 『 お~い 』と返ってきたらそれは " こだま " 」

朝のTV画面に映る東京駅、鉄道運行情報を見ながら、そんな小話で微笑む。
[PR]
by w-scarecrow | 2016-04-12 09:20 | 食 + うつわ | Comments(0)