winter's scarecrow

バンドネオンの響き ♪

e0158857_10145376.jpg



バンドネオンの間の抜けた哀愁漂う音色が好きだ。

アルゼンチンタンゴの巨匠の名前がいつも出てこない。

1973年のチリのクーデターを描いた映画 " サンチャゴに雨が降る " に彼の名演が残されている。

想い出すときの順番があるユン・ソナ→キム・ソナ→「そうだピアソラだ」

亀有と亀戸も区別がつかない。公園前派出所→亀有、天神さん→亀戸。

西武百貨店は池袋駅東口、東武百貨店は西口。

パラグアイとウルグアイ。


2012年の環境の未来を考えるリオ会議で名演説を残した前ウルグアイ大統領ムヒカ氏が来日している。何度か耳にした彼の解りやすく説得力のある言葉の数々。

「ドイツ人が一世帯で持つ車と同じ数の車をインド人が持てば、この惑星はどうなるのでしょうか。息するための酸素がどれくらい残るのでしょうか」

「マーケットエコノミーの子供、資本主義の子供たち。即ち私たちが間違いなくこの無限の消費と発展を求める社会を作ってきたのです。マーケット経済がマーケット社会を作り、このグローバリゼーションが世界のあちこちまで原料を探し求める社会にしたのではないでしょうか」

「私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。幸せになるために地球にやってきたのです。人生は短いし、すぐ目の前を過ぎてしまいます。命よりも高価なものは存在しません。
高価な商品やライフスタイルのために人生を放り出しているのです」

世界一貧乏な大統領だといわれたムヒカ氏、就任時にも官邸には住まず、郊外の妻名義の農場で暮らしていた。
大統領の警護官が2人、犬3匹の農場でトラクターを運転していた。
収入の9割は福祉施設に寄付し、残りの一割での生活。

ウルグアイでヒッチハイカーが30台ほどの車に過ぎ去られた後、1987製のフォルクスワーゲンが停まり、扉を開けてくれたのはヒムカ大統領夫妻だったという。

どうしてもサントリー " BOSS " の CM の宇宙人ジョーンズを想い浮かべてしまう。

桜色に染まった日本でどんな言葉を残してくれるのだろう。


今朝は6時過ぎに洗濯機を回し、ベランダいっぱいに洗濯物を干した。
北向きの冬は心身とも凍てついてしまう部屋、春ベランダに陽が差すのは午後4時前!からだ。

洗濯洗剤の CM みたく、陽を浴びたふかふかの洗濯物を頬ずりしてみたい。
by w-scarecrow | 2016-04-06 07:14 | そのほか | Comments(4)
Commented by mother-of-pearl at 2016-04-06 17:46
ピアソラを思い出す過程が愉快!

調律なんていつのこと?というピアノの音色が私は好きです。
トム・ウェイツを思い出せますから。

ムヒカ大統領のスピーチの絵本はベッド脇に置いてあります。

アメリカで暮らすにつれ、彼のスピーチと全く同じ疑問が膨れ上がってきたのを覚えています。

『幸せ』なのかどうか。
それは余り尋ねられたくない質問ではありますが。
Commented by cookie at 2016-04-07 20:00 x
こんばんは。

東口の西武百貨店に、西口の東武百貨店、私も最初は???でした!
いまもナゾのままですけど(笑)

ムヒカさん、話題ですね。
どんな言葉を残してくれたんでしょう…。
明日は特番があるようですね。
Commented by w-scarecrow at 2016-04-07 22:56 x
mother-of-parl さん、こんばんは。
リオでの発言で世界一貧しい大統領の肩書がついて、そのスピーチを知りました。
童話作家ターシャ・テューダーを知ったときと同じ爽やかな感動。
「幸せ」
Tom WaitzのClosing Time を聴いているときの時空かもしれません。
Commented by w-scarecrow at 2016-04-07 23:23 x
cookie さん、こんばんは。
頭の中で復唱をして東武は西、西武は東と山手線を降りるのですが、いまだすんなりと行けません。
以前、広島三原の「八天堂」のクリームパン、メロンパンが食べてみた~と思ったいたら、今や池袋にも品川にも至るところで買えるんですね。
ムヒカさんのノーネクタイの風貌がいいですね。