winter's scarecrow

築地市場場内

e0158857_19133883.jpg




e0158857_1915076.jpg




e0158857_830218.jpg




e0158857_1916195.jpg



築地市場の場内、高校時代の3年間東急百貨店の魚屋でアルバイトをしていた時も、何度となく親方に連れてきてもらった。

親方のひとり娘の Y 子は同級生の遊び仲間。 娘の話になると眉間のシワがティラミスの断面みたくなってくる。

場内へ行ったときにまず驚いたことはおばさんたちの言葉が「てめぇ~」「そこのボンクラ!」
「ぐだぐだ言ってんじゃねえよ!」の男勝りの数々。

「すごいですね、おばさん!」「wよ、河岸では70を過ぎたおばさんでもお姐さんと呼ばなきゃいけないんだ。反対に60を過ぎたおじさんの使用人はいくつになっても若い衆」

「あのお姐さんたちは、乙女だったころもあったんだ。でも男ばかりの世界に入って、ちょっと厠へ行こうとしても男衆から卑猥なヤジを飛ばされたり、好奇の的になりながら、今や男を超えちゃって別な生き物になったんだ」そんなことを言っていた。

「wよ、客はカジキマグロって言ってけどそんな怪物みたな魚はいないから、ここではちゃんとカジキと呼べよ」

いっぱい教わった。 正月も毎年親方の家で新年会。娘の Y 子の着物姿に「似合ってんじゃん」と言ったら額がティラミスになっていた。



e0158857_1952849.jpg




e0158857_2039576.jpg




e0158857_19534681.jpg




e0158857_19544255.jpg


映画の助監督たちは河岸勤めが多かった。

TVの仕事をすれば喰いつなげられるのだが、一途な映画人もいた。 私の周りの助監督は奥さんや彼女が医者だったり航空会社、広告代理店、看護師とパワー溢れる連れ合いが多かったので "芽の出ない役者と助監督" の定番のヒモ状態もいた。

先輩助監督の T さんは知的障害をもつ息子さんがいた。 感動した小説があると毎回、私に企画書を書いてくれと頼んでくる。
それを持って先輩の働く築地へ。昼には仕事が終わっているので二人で場外の飲み屋へ。

「wよ、ちゃんと本(脚本)だけは書いとけよ、監督になるのは才能ではなく、どう周りと立ち廻れるかだらTV の奴らでも馬鹿にしないで、ちゃんと懐へ入っとけよ・・」

自分の不得手なことを私に託したのだけど、私も先輩と一緒だ。

2週間で書き上げた企画書のお礼は築地の場外で消えていった。


e0158857_20322474.jpg



築地場内は奇妙な乗り物の " パタパタ " が縦横無尽に走っている。 決まりごとではないが場内の交通ルールのルーティンがあるらしい。

午前10時を過ぎた築地の場内は祭りのあとの淋しさみたいで、しみじみとくる。
by w-scarecrow | 2015-11-06 20:45 | 散歩 | Comments(4)
Commented by mother-of-pearl at 2015-11-07 12:29
河岸のオネエサン達の物言い、ずっと心の中でつぶやいてみたりします。
でも、やっぱり声にするには後が続かない。

『どこに目ぇつけて歩いてんだよ!』
杖をついて歩いてる自分にぶつかる人々に言いたかったのに、
やっぱり言えなかった~!

ティラミス親方(?)の教えは深くて優しいですね。
映画業界の方の多くがあのチャキチャキした現場で揉まれた経験をお持ちで、
しっかりとした伴侶を得ている、というインサイド・ストーリー。

しみじみとした邦画以上に染み入るお話でした。


市場が移転する辺りの窓から、マンションの建築現場や都会の夜景を眺めていた頃から一年が経ちます。
Commented by w-scarecrow at 2015-11-07 15:53 x
mother of pearl さん、こんにちは。
河岸の若い衆たち、昔と違って角刈りは殆どいないんですね。
場内の商店のお兄ちゃんたちも、仕事終わりに秋葉原へ行きそうな男子もいます。
初めて行ったときはお姐さんが従業員に怒っている物言いを聞いて、ほんとたまげました。
活きのいいお兄ちゃんたちがアリンコに見えました。
感受性が脱脂綿のような10~20代、発見ばかりでしたね。年上の人たちの言葉や画や生きざまが今も残っています。
ウォーターフロントの街々はなにか現実感がなくて寂しくならないですか?漁船が何艘も係留されて、岸辺に鯵やワカメが干してあるようなウォーターフロントだと安心できそうです。
豆腐屋と銭湯が近くにあれば住みたいです。
Commented by gori_rin at 2015-11-10 11:45
こんにちわ!
おっと、行きたい、行かなくちゃ!と何年も思っていた築地。
先日、ひょんなことから築地の仲買で働いているという方と話す機会があり、一般時人だけど、見学だけでもいいかしら?とやっと実現しそうなとこです。今年中に行くぞ~と意気込んでいます(笑)。
私も牛乳は贅沢に?! 乳脂肪分?3.7%以上のものを派です(笑)。
テレビでやっていて、取り寄せようかと思っていた十勝のスペシャルな牛乳を東武で見つけ、さすが東武~、別荘族の住む県北だぁ~と感心したとこでした。¥400くらいですけどね。たまに行き、月2本が精一杯かな。
Commented by w-scarecrow at 2015-11-11 21:04 x
gori_rinさん、久しぶりです。
十勝のスペシャルな牛乳、よつ葉や町村牧場の牛乳は見かけるのですが、しんむら牧場の低温殺菌牛乳が気になっています。
北海道物産展やアンテナショップは町村牧場だけなんです。
富良野で飲んだ牛乳がびっくりするほど美味しかったのですが銘柄を忘れてしまいました。
取り寄せたいけど送料の方が高くなっていまいますもね。賞味期限は5日くらいですし。
築地市場は場内も場外も外国人ばかりです。寿司屋はどこの店が旨いか情報を得ているみたいなのですごい行列です。
築地本願寺の裏手は空襲を逃れた一帯で戦前の長屋がかなり残っています。
そのあたりにも手ごろで美味しい店が結構あるみたいです。ランチどき列ができていましたよ。