winter's scarecrow

秋 西新宿

e0158857_2347560.jpg




e0158857_17584859.jpg



秋の風に吹かれて新宿西口高層ビル群から駅へ。


e0158857_17591654.jpg


今は全く見かけなくなったが、各駅の待ち合わせ場所や改札付近には黒板にチョークで書き入れる伝言板があった。

グループで誰かが遅れてきたとき「先に行ってるぞ」と行くお店の名前が書かれていたり、相合傘が書かれていたり、逢えなかった彼女(彼氏)のメッセージ、「××子、帰ってこい!」という悲痛な叫びもあった。

渋谷駅では「ハチがずっと待ってますよ」というのもあった。

e0158857_1936094.jpg




e0158857_17594718.jpg


携帯電話のない時代、待ち合わせは少しばかりの緊張感を伴った。

待ち合わせ時間から30分が過ぎ、40分過ぎると不安がつのってきた。
北口と南口を間違えたのではないか、相手に急用ができたのではないか、なにか事故にあったのではないか・・1時間待つのも珍しいことではなかった。

携帯電話のない時代、今よりは相手を思いやる気持ちが持てていたのかもしれない。

駅の伝言板にはさまざまな人間模様が交錯していた。

「ハチ公の爪を毎日磨いている女がいるんだって」私たちの高校時代にあった都市伝説。

今日はご近所の銭湯に行ってくる。手足をこれでもかと伸ばして湯に浸かりたい。
柄本明さんとかちあえば面白いんだけど・・。
by w-scarecrow | 2015-10-28 13:31 | 散歩 | Comments(2)
Commented by mother-of-pearl at 2015-10-28 20:21
今、まさにその西新宿を出ようとしています。
もうトンガリ屋根のビルもシルエットだけになりました。

満員電車はヤダなあ、とグダグダ思いながら駅に向かっています。

携帯電話が無かった頃の待ち合わせ。
今よりもっと真剣でしたね。変更を伝え様もなく、知る術もなく、ドキドキすることが多かったように思います。

今は何だか簡単に『ごめ~ん。遅れるわ』と言われ過ぎる気がします。
ま、でも、『○○、帰ってきて!』とか書き残す悲惨さはなくて良くなったのでしょうね。
Commented by w-scarecrow at 2015-10-28 22:44 x
m.o.p さん、こんばんは。
携帯電話のない時代の待ち合わせ、いつも遅れてくる奴は決まっていて「また!」と思っていました。
相手のアパートに固定電話がない同級生が殆ど。
待ち合わせ場所でのドキドキ感、なにか懐かしい感じがします。
今、ハチ公前の待ち合わせ場所には女の子のずっと待っている光景が多いんです。
草食系の男子たち、許せません。「ごめん」の一言で反省の様子はありません。
どうしましょう?