winter's scarecrow

量り売り

ふなっしーの夢をみた。

汗をかいていた、躰も節々が張っていた。


e0158857_211818.jpg


朝、渋谷の吉野屋で¥380の牛丼で腹を満たす。
いつから、牛肉はステータスを失ったんだろう・・。
小さい頃、すき焼きやカレーの肉は豚肉と決まっていた。

年に何度か食べられる牛肉、母は尊敬語で「テキ」と呼んでいた。ビフテキよりも高級感があると思っていた。
今は魚が高級品。金沢の近江市場の海鮮丼の有名店、あまりの行列で名物の海鮮丼が¥1500から¥3000に値上げをしたという。


e0158857_2114715.jpg


溜池山王で用事を済ませ赤坂見附まで、すぐそばには国会議事堂がある。
ひと月ほど前、安保法案に異を唱える学生たちや子供を抱いたお母さん、戦争体験者のお年寄りたちが僅かな力にでもと、水筒片手に集まっていた。

どこにも属さない一般市民の声がニュースで流されるなか、輪は徐々に膨らんでいった。
学生や彼らの両親、祖父母に当たる世代たちの輪。

その輪が大きく大きくなり機動隊も盾を持って道を封鎖している。
その輪は以前は個人のプラカードやメッセージだったのが、大きな輪のなかに組合ののぼりや宗教団体の旗が増え始めてきた。

彼らは組合の名前が記されたのぼりや属している団体の旗の下でないと、一個人では自己表現できないのかと、その感性に落胆した。

そんな憤りをを思い浮かべ伊勢丹へ、中国からの富裕層の観光客だらけ。
「スゴイぞ、富裕層」みんな肌の艶がいい。

一度してみたいことがある。 伊勢丹の食品売り場の奥にある量り売りの肉屋さん、松坂牛、神戸、大田原、米沢の A4, A5ランキングの霜降りの牛肉やブランド豚肉がずらりと並んでいる。

そこで「すみません、豚コマ 100g くださいと」と言ってみたい。 

ちっちゃ。
by w-scarecrow | 2015-10-21 21:56 | そのほか | Comments(0)