winter's scarecrow

はてな

e0158857_18431744.jpg



「はい!笑顔で チーズ!」パチリ

いつも笑顔の集合写真をメールで送ってくれる。

自分の顔はチーズ!と発音した口元になっている。 でも微笑んだ顔ではないんです。

微笑みは気持ちの奥から自然に湧いてくる泉。

どうもその泉が枯れているのではと、恐る恐る添付写真を開いている。


e0158857_1993018.jpg




e0158857_19154941.jpg



劇作家の平田オリザさん、彼のお父さんは「一生、食いっぱぐれのないように」と命名したらしい。

訳せば " 平田米(よね?)さん " 、イネ科の米の学名は 『 オリザ 』。


役者の古田新の娘さんの名前は 『 アロエ 』 さん、きっとどんなに傷付いたことがあっても、いつでも樹液で守ってくれますようにと名付けたのかもしれない。

青森のご当地タレント・伊那かっぺいさんの息子の名前は 『 不思議 』くん、同じ名を持つ親と出くわしたらしい。

「わっ、なにか嬉しいですね。同じ『 ふしぎ 』 という息子を持つ親御さんと会えたのは」
「いやっ、うちの息子は 『 はてな? 』 というんです」

字の如く育ってほしいとご両親の思いのこもった名前。

e0158857_19463455.jpg



先週、ワンカップ大関を2つ持って墓参りをしてきた。

「男は言い訳をするな」「能書きを言うな」「みっともないことをするな」、小さい頃から言われつづけてきた。 
まるで亡父の歩んだ後姿。

墓前に置いたワンカップと一緒にゆっくりと一合を呑み呟いた。

父はどんな思いで私の名を付けてくれたんだろう? 父の息子への想いから外れてしまったかもしれないが、ちゃんと軌道を戻すからね。

普段、無骨な父は呑むと本当に楽しく、粋でいい酒だった。

「ワシっ鼻の女はやめとけ、情が深過ぎるから・・」 と中学生の私に言っていた。

今でいうワシっ鼻女子=高岡早紀、松雪泰子、北川景子あたりなんだろうか?


それはしっかりと守ってきた。べつにどんな鼻でもよかったんだけど。

e0158857_20114971.jpg



いいですね、オリザもアロエちゃんも・・・。
[PR]
by w-scarecrow | 2015-10-06 20:28 | 散歩 | Comments(2)
Commented by mimo720 at 2015-10-10 15:43
wさんのお名前はお父様が名付けられたんですね~(^-^)
私の名前は母がつけてくれました。
本が好きな母がつけてくれた、今となっては大好きになった名前なのですが、
小さなころは、その名前で、変な呼ばれ方をしたりして、
ちょっと嫌でした~(>_< )
・・・といっても、その当時はあまりない名前だったので(今は多いかもしれません)、
実は気に入っていました(^-^)
名前は一生付き合うものだから、
親は本当に一生懸命考えるのでしょうね~。
アロエちゃん、それを付けた理由を想像すると、
ちょっとうるっときますね~(゜-Å)
Commented by w-scarecrow at 2015-10-10 23:33 x
mimo さん、こんばんは。
一応、父親が命名したと思うのですがご近所の仕立て屋さんの説もあるんです。
mimo さんの言われる通り、大人になってから想いが解ることも多いんですね。
女性はいつか姓が変わるということもあるんでしょうね。
本好きのお母さん、どんな名前を付けたんだろう?
宮沢賢治の世界なのかな?

高校時代、大嫌いな物理・化学のノートには暇すぎて、いつか自分に子供ができた時の名前を羅列していました。
「いと」という女の子のひらがなの名前が NO.1 で未だに・・・と想っています。