winter's scarecrow

あくがれ

ベランダの干し竿に赤とんぼが暫しの休憩。

森山直太朗の ♪ 夏の終わり ♪ のさびのメロディが浮かぶ。

e0158857_22212429.jpg



        けふもまたこころの鐘をうち鳴らしうち鳴らしつつあくがれて行く  牧水


『 あくがれ 』の意味、魂が今在るところから何かに誘われ離れ去ってゆく。
牧水文学の本質である『 あくがれ 』。

宮崎県日向市東郷町にある酒造元から2本の芋焼酎が東京のわが家に届いたことがあった。

” あくがれ " という名の芋焼酎。

その年、宮崎放送で若山牧水の彷徨を描いたドラマが同名のタイトルで放映された。
牧水への想いとドラマの感想と感謝の手紙が添えられていた。

美味しい焼酎だった。嬉しかった。

東郷町の牧水の生家で丸一日の撮影、山に囲まれた生家の前には悠々と坪谷川が流れている。

休憩時間におにぎりを食べながら坪谷川を眺めていた。 牧水も幼少期、私と同じようにこの川の流れをずっと見ていたとことと思う。

「この川を下ったら、あの山を越えたらどんな世界があるのだろう・・」


私がこの豊かな自然に囲まれて育ったら、どんな人になっていたんだろう?
牧水と同じで " あくがれ " ていたのか、地元の役場か郵便局に勤めていたか?

カメラ好きのN さんからのお土産、比内地鶏の肉みそをつまみながら記事を書いている。傍らに芋焼酎。

FMから家入レオの曲が流れている。
この20歳になったソングライターの詞と曲にいつも驚き感動している。 ” あくがれ " ではない、地に着いた惑い。
by w-scarecrow | 2015-08-26 23:16 | そのほか | Comments(0)