winter's scarecrow

文科抄

e0158857_215073.jpg


この蒸し暑さ、地下鉄駅構内から地上に上がると、立ちくらみをしそうだ。

ガラス窓越しに見える中華屋の厨房で中華鍋を上下に振っている料理人、体重は90kg以上はありそう。
なんで痩せないんだろう・・。

どこかで花火大会があるのか浴衣姿の女の子とすれ違う。ひとときの涼。


e0158857_21283444.jpg


渋谷区の中学生たちは区の運動会(陸上競技大会)は今は更地となった国立競技場で行われてきた。

私もかつて " 国立 " の土を踏んだ。

国立の取り壊し前にはイベントが行われ、多くの人が別れを惜しむように土を踏んでいた。TVの番組でも取り上げられていた。その " 国立 " の広報担当が高校時代の同級生、トチらないかどきどきして見ていた。

そんな訳で新国立競技場のどたばたの推移を中尾彬のように「う~ん」と腕を組み、しかめっ面をして見ている。

ザハさんデザインの旧案「生カキをベロ~とのせたような」と森喜朗が言った近未来的建造物。

私たちが知っているのは競技場の鳥瞰図、もし完成したとしてもその奇抜な屋根を見れるのは近隣の高層ビルに住む人、オフィスに勤める人たちだけだ。

ザハさんのデザインを初めて見たときは違和感。

まだ復興の進まない東北の被災地、あのデザインの競技場を神宮外苑ではなく陸前高田の町にポンと置いた画をイメージしてみた。

近未来的はいずれは未来ではなくなる。

イメージしてください。復興中の更地になった被災地にポンと2500億円+α の建物を置いてみてください。

オリンピック誘致の演説で「震災の復興に立ち向かう姿を・・」「誰もが驚くような新競技場を・・」と高らかに語っていた。

誰も驚かなくていい、分相応の環境に溶け込んだ建物を・・と思う。

『お・も・て・な・し』で湧いたブエノスアイレス、コンクリートではなく脈々と流れる日本人の「和」の心と「引き算の美学」、それと思いやり。


あ~ぁ、国産のうなぎのお重が食べたい!
[PR]
by w-scarecrow | 2015-07-29 22:33 | そのほか | Comments(2)
Commented by ぶるぼん at 2015-07-31 10:44 x
野暮用で三重、愛知に行ってきました。用事の合間をぬって、楽しいこと、美味しいこと、抜け目なく味わってきましたが、中でもひつまぶしは最高でした。もう少し安くなってくれないもんですかね~。
Commented by w-scarecrow at 2015-07-31 19:57 x
ぶるぼんさん、こんばんは。
南九州の豪雨、北九州でも雨が多かったですよね。
長い雨の日々で鬱屈していたものが、伊勢・志摩、名古屋で弾けたんですね。
魚貝類やうなぎ、名古屋メシ三昧。
僕の周りは名古屋人が多いんです。一日味噌、味噌とつづくと飽きますよね!?
なんで愛知県人は飽きないんだろう?
名古屋の人が食べなくなった「きしめん」が大好きでお取り寄せしています。
いいな~うなぎ。
家に帰って麦味噌の味噌汁を飲んでほっとしたんじゃないですか・・。