winter's scarecrow

都会に疲れた人々に

e0158857_2034080.jpg



浅草のほおずき市、ほおずきの鉢植えは買わなかったが、浅草松屋でほおずきの和菓子を買った。

大角玉屋の白あんの餅菓子、ファインダーから覗くと本当のほうずきの実のように見えた。


e0158857_20383229.jpg



山口県周防大島町が移住定住促進のために東京で " 薬? " を配ったという、都会生活に疲れた、昇進の見込みがない、ぎくしゃくとした家族に一滴の潤いを与えたい、自然豊かな島で IT 関連の仕事の拠点を置きたい・・・そんな疲れた都会人に 『 シマグラシS錠 』、トカイハモウタク酸配合と箱に記されていたらしい。

私も周防灘を眺めながら、柴犬の " ツン ” (西郷隆盛の愛犬薩摩犬の名)と暮らしてみたい。
でも、運転免許がない、街灯のない真っ暗な夜道は怖くて歩けない・・叶わぬ夢なのかシマグラシ。

配布した " 薬 " の中身はただのラムネ菓子だったらしい。

至れり尽くせりの都会の生活に飽きた方は是非、わが島へとのキャンペーンを張った周防町にガッテン !

e0158857_20574691.jpg



「きな臭い法案」が違憲と言われても押し通すみたいだ。

戦時中、軍部が国策として推進した満州開拓、貧しい日本の農村から厳寒の満州へと家族ともども移住した人々、沖縄戦で沖縄人と差別されながら最後は「日本人として死ね」手榴弾を渡された自決した沖縄の家族たち、大陸、朝鮮半島では終戦の玉音放送後、真っ先に本土への引き揚げ船に乗り込んだ軍官部や軍人たち、ニヒルでヒステリックなわが国の首相は「わが国民の生命財産を守るための・・」と繰り返し発言している。

満州開団拓から帰還された人々、沖縄戦で生き残った人々、「国(軍隊)が民間人を護ってくれる」そんな絵空事のような空虚な言葉は誰もが信じはしないだろう。

朗報になるかどう解らないが、内閣支持率がかなり下がってくるので新国立競技場の現行案はもしかしたら見直しになるような気がします。

猛暑がつづくときは本場四川料理の辛~い麻婆豆腐が食べたいですね。
杏仁豆腐も。
[PR]
by w-scarecrow | 2015-07-15 18:29 | そのほか | Comments(2)
Commented by felicitymoon at 2015-07-20 03:12
東京オリンピックってそんなに重要なんスかね?と田舎モンの私なんかは思うんですけど…
Commented by w-scarecrow at 2015-07-20 19:57 x
felicitymoon さん、こんばんは。
土建屋さん、観光業者、スポーツ関連、マスコミ、飲食店等々、あらゆるところに恩恵が行くんでしょうね。
僕らには酒の肴をくれるという恩恵があります、酒量も増えてしまいます。
いんだか悪いんだか・・・。