winter's scarecrow

雨で書かれた物語

e0158857_20433628.jpg



            雨は点字で書かれた物語のように

            地面の凹凸を探りながら流れていった

            傘をかき分け人も流れていく

            雨は低い方へ 人は少しでも高い方へ


            雨の行きつくところは海

            人は空


            新宿に降った雨はどこを通って海へとゆくのだろう

            流れていく映像を海から新宿へと 早戻し画像で観てみたい

            人もなにもかも 早戻し画像で観てみたい

            自分以外のなにもかも


        ★          ★          ★         ★          ★


明後日は七夕、親指姫と彦摩呂が久しぶりに逢える日。

この数年東京では、七夕の日は雨つづき。

近くのスーパーでは子供たちが七夕飾りに願い事ができるようにと短冊と筆記具が置いてある。

何年か前、短冊に「お父さん、帰ってきて!」と子供の字で書かれたものが吊るされていた。


私も吊るしていきたい、「人生、60歳まではリハーサル」


            
by w-scarecrow | 2015-07-05 20:07 | そのほか | Comments(0)