winter's scarecrow

渡り鳥

e0158857_18135344.jpg



             そのあと


                   そのあとがある

                   大切なひとを失ったあと

                   もうあとはないと思ったあと

                   すべて終わったと知ったあとにも

                   終わらないそのあとがある



                   そのあとは一筋に

                   霧の中へ消えている

                   そのあとは限りなく

                   青くひろがっている

                   そのあとがある

                   世界に そして ひとりひとりの心に



                        谷川俊太郎「そのあと」朝日新聞より転載



小さいころの東京の空は広かった。 デパートや駅前ビルの屋上から空に向かってアドバルーンが何本も風に乗って右へ左へと傾げていた。

空を見上げることは少なかった。 青い空も灰色の空も星空も。

今はベランダから青や灰色のキャンバスに描かれる空模様を眺めることが多くなった。 テルテル坊主もたまに吊るすこともある。

空が好きになった。

渡り鳥が V 字形の隊列を組んで飛んでこないかな~と願をかけるが見ることができない。


V 字の先頭はお父さん鳥で後にお父さんの兄弟、女房、子供や従妹たちの順に並んで飛んでいるのだと思っていた。

でもそれだと先頭のお父さんは過労死してしまう。 鳥の世界でもお父さんは儚いんだ。


実際はツール・ド・フランスの自転車レースように鳥たちも交代で先頭を飛ぶことで助け合っているらしい。

しかも、公平な時間配分で先頭を交代しているらしい。 AKB と同じシステム。

後方を飛べば前の鳥がつくる上昇気流のおかげで体力を温存できる。 「俺は前はイヤだ」とズルをする蛭子(能収)さんみたいな鳥はいないそうだ。

仲間たちの命をつなぐ自然の妙、人間の世界ではかすれてきた繋がり。


明日はバレンタインデー、土曜日なので義理が果たせなくてホッとしている女子たちも多いはず。

先日、" 嵐 " が大好きな老母から「悪いけどチョコレート買ってきてくれないかい」と頼まれた。

「いくつ?」 「一つでいい、あまり甘くないやつね」

" はじめてのおつかい " ではなく、いつも " 最後のお遣い " だと思って実家へ届ける。

母はこの時期、チョコをどうするんだろう?
by w-scarecrow | 2015-02-13 20:11 | そのほか | Comments(2)
Commented by ama7869 at 2015-02-19 01:12
お久しぶりです(^^)
ここは私の一番好きな公園かなー、と勝手に思って見ています。
仙台のほうが長いはずなのに、帰りたいなーと思うのは東京だったりします。
自分で稼いで生きてた場所だからかな、とこの写真を見せてもらいながら思いました(^ー^)
Commented by w-scarecrow at 2015-02-19 23:32 x
ama さん、こんばんは。
代官山、今は蔦谷の大型スペースができて、少しだけ風景が変わりました。
ama さんもそうなのかもしれませんが、春の西郷山公園の遅咲きの桜だけが力をくれます。
昔からそうなんですが、代官山は長閑な東京の田舎です。ホッとします。