winter's scarecrow

香り

e0158857_10132623.jpg



            小さな娘が思ったこと



                  小さな娘が思ったこと
                  ひとの奥さんの肩はなぜあんなに匂うのだろう
                  木犀みたいに
                  くちなしみたいに
                  ひとの奥さんの肩にかかる
                  あの淡い靄のようなものは
                  なんだろう?
       
                  小さな娘は自分もそれを欲しいと思った
                  どんなきれいな娘にもない
                  とても素敵な或るなにか・・・・・

                  小さな娘がおとなになって
                  妻になって母になって
                  ある日不意に気づいてしまう
                  ひとの奥さんの肩にふりつもる
                  あのやさしいものは
                  日々
                  ひとを愛してゆくための
                  ただの疲労であったと


                                       茨木のり子 1958年



e0158857_20175241.jpg



明け方の夢のなか、お袋と姉の会話が遠くに聞こえる。

テレビの時事放談のおじいさんたちの講談口調の政局の話がずっと流れている。

 『僕はどこにいるんだろうか?』

出かける兄貴たちにお袋が壊れたテープレコーダーのように「ちゃんと××は持ってるの? ××は忘れてない!」
そんな朝の情景が音となり重なってくる。

「w坊もさっさと起きなさい!」
「日曜だから、ゆっくり寝てなさい」と親父の声。

そんな、せわしない小さいころのわが家の夢をみることがある。 

日曜の朝は家族七人、豆腐屋で買ってきた経木に包まれた納豆、それを玉子でのばした納豆に豆腐の味噌汁と決まっていた。

そんな音が行き交う夢をみた朝は幸せな気分になれる。 


e0158857_20481929.jpg

[PR]
by w-scarecrow | 2015-01-24 20:52 | そのほか | Comments(2)
Commented by mother-of-pearl at 2015-01-25 23:47
監督・脚本・演出 冬のかかし

心に残る名画のシリーズ作品を楽しんでいます・・・


美しいガラス窓越しの光や 陰が魅力的な廊下

一般公開が再開された庭園美術館か、と勇み足(^.^)
美しい建物をまたひとつ教えてくださってありがとうございます。
Commented by w-scarecrow at 2015-01-26 20:39 x
mother-of-pearl さん、こんばんは。
夢ってすごいですね。以前は脚本、演出の緻密さにスゲーと驚いたことがあります。ただキャスティングがいまいちのときが多かったんです。ヒロインが西田ひかるだったり室井滋だったり・・・。
最近はシミジミ~っとした" ニューシネマ・パラダイス " みたいな夢ばかり。
たまには " 愛と青春の旅立ち " みたいな夢をみたいですね。
駒場公園、すぐ傍なので本を読みに行くことが多いですよ。