winter's scarecrow

君の涙になってやる

e0158857_19181897.jpg



「男のくせにツラでめしを食うなて好きじゃない」と役者稼業を嫌った。

撮影部を希望した履歴書が手違いで俳優志望係へ届いたことから名優・三船敏郎の役者人生が始まった。

男の体臭を振りまくような強烈な演技、一世のスターになっても本人は「役者なんて」という思いが消えなかった。

『 含羞 』(がんしゅう)という好きな言葉がある。恥じらい、はにかみを意味する。

三船さんには付き人がいなかった。早朝、三船プロの玄関先を掃除しているおじさんは三船自身。

台詞を完璧に覚えて現場に立ったのも「人に迷惑をかけるのは恥ずかしい」という三船さん含羞だったのかもしれない。


e0158857_19342111.jpg



『 男気 』

かつて球場に「君が涙を流すなら、君の涙になってやる」と横断幕を掲げた広島カープファン。

いつでも広島に帰れるよう毎年、メジャーで単年契約を重ねてきた黒田博樹投手、彼の背番号だった[15] を空けたまま待ち続けた球団。

メジャーの提示額の5分の1の年俸でカープに帰ってくる。

もらい泣きしそうなくらいの愛がファンと球団と選手との間に流れている。 野球っていいな。


新成人になった君たちよ、これからは「つるむな」。
[PR]
by w-scarecrow | 2015-01-15 20:15 | そのほか | Comments(0)