winter's scarecrow

待合室

e0158857_217142.jpg



金曜日、月一回の近くの医院での診察日。

月刊・PEN " おいしいイタリア " という雑誌を眺めていたら、イタリア人の懐かしき「マンマの味」と題したパスタ料理が載っていた。

簡単で美味しそうなのでレシピを頭に入れ、今朝作ってみた。

                    

                 ブロッコリーと真鱈のパスタ


材料はブロッコリーと真鱈、コンキリエリガーテ、にんにく、鷹の爪、EXバージンオリーブオイル、白ワイン、塩・コショウだけ。


e0158857_2175430.jpg



医院の待合室、診察してもらうまでは平均50分は待つ。

いつも綺麗な医療事務のおねえさんの席の斜め前に座る。 雑誌を眺めながらおねえさんをチラ見。

いつものように頭のなかでラブストリーが湧き上がってくる。

江戸末期、小石川養生所に奉公に出されたおねえさんは、いつものように林のなかで薬草を採っている。そこを通りかかったお侍さん(私)、私の鼻緒が切れてしまう。「お侍さん、しばしお待ちくださいませ・・・」

昭和20年東京大空襲、焼夷弾が炸裂するなか、春樹(私)はやっとのことで銀座・数寄屋橋に辿り着く、春樹と一緒に瓦礫のなかを逃げてきた女性(おねえさん)と夜が明けるまで寒さをしのぎ合う。
「半年後、いやそれが駄目だったら一年後、またこの橋の上で」
「君の名は?」「真知子です」。

待合室で毎回、ドラマのなかを彷徨っている。

おねえさんが伊豆の踊子になることも、" ローマの休日 " の新聞記者のグレゴリー・ペック(私)とヘップバーンになることも、" 東京ラブストリー " のカンチとリカになることもある。

今回は 「 SMAP 細胞はあります・・・」 守ってあげたいモード ?!

50分の待ち時間、ちょうど一話が完結する。

そんな楽しい待合室過ごし方、是非、真似をしてみてください。
[PR]
by w-scarecrow | 2015-01-11 20:18 | 食 + うつわ | Comments(0)