winter's scarecrow

e0158857_1931158.jpg




e0158857_1821685.jpg


          冬の高く青い空

          雲ひとつなく あまりにも濃い青色の空を眺めていると

          なぜか寂寥感におそわれる
          
          
         
         
          ポカンポカンと筆で雲をあててくれた 

          単色の空だけでは無味 雲が空を空らしくしてくれる


e0158857_18314522.jpg



都会で接すものは尖ったものばかり

自然にあるものは いつだって とんがっていない

定規で引いた線も ぶつかったら痛そうな角もない

いつでも緩やかな曲線を描いている

ごつごつしたものや ふにゃふにゃした規格外の個性的なものたちが

重なり合って面をつくっている

だから ぬくいんだ


e0158857_18483812.jpg

[PR]
by w-scarecrow | 2014-12-19 19:22 | そのほか | Comments(2)
Commented by ぶるぼん at 2014-12-20 10:51 x
1、3枚目は平面構成の作品みたいですね。クールで、田舎住まいではなかなか見られない景色です。

東京に出る折には、乾いたスポンジみたいに刺激を吸収しながらうろつきます。いつも親族の冠婚葬祭がらみなので、一度ゆっくり自分のためだけに東京をめぐりたいですね。
Commented by w-scarecrow at 2014-12-20 19:58 x
ぶるぼんさん、ページの頭に一枚写真を追加してしまいました。エレベーターに見えないかもと引き画を頭に。すみません。一枚づつずり下がりました。
街を歩いて、派手な看板や装飾に街が覆われているのに、モノトーンの乾いた街に映ることがしばしばあります。
来られたときは吸収力の鈍いスポンジの方がいいかもしれません。
緑も多いし情緒ある江戸時代からの坂道も多いですよ。是非散策してみてくださいね。