winter's scarecrow

きいろのじゅうたん

e0158857_21102127.jpg



君が2歳を過ぎたころ 叔父さんは君を連れて渋谷の街までバスに乗った

私はまだ高校生で 初めての姪っ子が君で ちっちゃな妹みたいだった

まだ 君は片言しか喋れなかったけど 泣きもせずいつも笑顔をくれた

渋谷の西村フルーツパーラーへ行ったんだ 子供用の可愛いダッフルコート着てた

なにを食べたか忘れたけれど 口のまわりにいっぱいクリームをつけていた

ぐずることもなく 泣きもせず いつも笑顔


君が高校生になった時 わざわざ郊外の町から渋谷の西村フルーツパーラーまで通い アルバイトをしていると言っていたね


君はいま 病とたたかっている

君の娘が11歳で次の東京オリンピックの強化選手になったと聞いた

嬉しくて 嬉しくて・・・

なにもできない叔父さんは祝杯をあげました  

今日 なにもできない叔父さんは 御朱印ガールの仲間入りをしました 

君と君の子供たちの明日を・・・寺社巡り、御朱印おじさんになったよ
[PR]
by w-scarecrow | 2014-12-02 23:56 | そのほか | Comments(4)
Commented at 2014-12-03 22:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by w-scarecrow at 2014-12-03 22:49 x
鍵コメさん、こんばんは。
いつも笑顔の彼女、小さいころから全く変わっていません。
毎年、大好きなおばあちゃんと卓球をするのが愉しみみたいです。
おばあちゃんはまだまだ元気で「嵐」の番組を食い入るように観ています。
Commented by mother-of-pearl at 2014-12-05 09:25
御朱印帳を探していらしたわけ、を知りました。

優しく温かい“おじさま”の心が
きっときっと届きますように・・・。

随分むかし、四国に住んでいた頃、白装束の人々を見かけました。
イマドキのスタンプラリーにも感じるMUSTのイメージがあり
心が動きませんでしたが、御朱印帳を手に
行けるところにお詣りしていくのは良いですね!

オーバーホールが終わったらやってみたくなりました・・。
Commented by w-scarecrow at 2014-12-05 11:54 x
mother-of-pearl さん、こんにちは。
四国にも住んでおられたんですか?
いつか年をとったら四国巡礼か熊野巡礼へでも行くのかな・・と漠然と想っていました。
でも、まだ煩悩は少しくらいは残しておきたいのでもっと先になるのでしょうね。
スタンプラリー、道標になるのでしょうね。
夏休みの朝のラジオ体操に参加してペタペタとスタンプをもらう、結構いまだに嬉しいのかも。
寺社を巡る、散歩の目標ができるので愉しいかもしれませんね。