winter's scarecrow

冬の雨は心底冷える

e0158857_021187.jpg



           「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ   俵万智


寒い、寒いね、と誰かに話しかけたかったけど道ゆく人も冷たい雨風に身を屈めている。
晩秋の風景そのままの練り切りも買ったし、少し躰を温めてからバスに乗ろう。


e0158857_19144387.jpg



モス・チーズバーガーを食べながら、横から聞こえてくる会話にフッと笑ってしまった。

「16歳年下って、わたしと同じだもん。西島(秀俊)くん、なんでわたしと出逢わなかったんだろう」
可愛いらしいニット帽を被った、美術(アート)系の女子。

別れた彼氏の話題に進んでいく。 「突然、『今まで、ありがとう』って男が言うか?そんな台詞大嫌い・・」

私もそんな台詞、大嫌いだ。 普通は男の言う口上ではない。 

「今までありがとう。付き合った××年間のことは絶対に忘れない」

これは女の常套句、私も何度も今まで見たことない清々しさで、突然にお礼を言われたことがあった。



e0158857_20542559.jpg



話は恋愛と関連してお父さんの話へ。

「うちなんか大学2年まで門限は夜8時だったんだよ。信じられないでしょ。サークルの飲み会の時は2日前にお父さんにお伺いをたてるの・・・一度、12時を過ぎて帰ったら叩かれたんだ。もう頭きて『門限、門限ってわたしいくつだと思ってんの、門限って言ったってこの建売の家のどこに門があるの !? 』って言ったら、お父さん、すごい悲しそうな顔をしたの・・・」

モス・チーズバーガーも食べ終わり、リプトンの香りのない紅茶を飲み終わっても席を立てなかった。

きっとお父さんは門限のことではなく、35年ローン?で買った我が家(お城)を「建売」と漢字2文字で言われたことにショックを受けたのかもしれない。

人の失恋の話は蜜の味、モスバーガーで少し温まった。

和菓子の写真を掲載したのに和菓子の話はゼロだった。 風味豊かな滋賀の朝宮茶でペロっと食べてしまった。
美味しかった。

今日は11月26日、「イイ・ふろ」の日、ツムラの名湯めぐりの別府温泉の入浴剤で一風呂浴びようっ。
by w-scarecrow | 2014-11-26 20:04 | 食 + うつわ | Comments(4)
Commented by akiraco at 2014-11-28 22:26 x
こんばんは
人の失恋の話って蜜の味ですか?

父親ってどこも一緒ですね。
わたしの場合、学生のころから東京で一人暮らし
基本、門限というものはないってことなのに
帰省すると、「門限」と言う言葉が飛び出しました。

父には、いつも(東京では)フリーだってことが
分かっていなかったみたいです。


Commented by w-scarecrow at 2014-11-29 19:47 x
akiraco さん、こんばんは。
男同士はおとなになってから恋の話ってほとんどしないので、女の子たちの恋愛の話って聞いていると結構面白いです。
友達にでもそんなことまで喋っちゃっていいの?とドキッとしてしまいます。

そうですよね、実家へ帰省したら高校生のときのままのルールが残っていますもね。
お父さんが呑んべいで、梯子酒をして午前様の家庭だったら娘さんの門限はなくなりますね。
でもいいですね。いくつになっても心配してくれる優しいお父さんがいて。
Commented by kurashinonakaniya at 2014-12-02 09:25
趣ある急須とお皿。渋目のマットに紅葉の葉っぱ。 晩秋の和菓子に すごく合ってますね。何度も拝見させて頂きました。
 早くも師走。 元気に過ごしましょう。
  
   
Commented by w-scarecrow at 2014-12-03 01:14 x
kurashinonakaniya さん、こんばんは。
注器が好きで急須も片口も興味深々。
綺麗な磁器(絵付け・染付)に和菓子の構図があまり定番で面白くなく、放埓な備前、伊賀の焼物の方が和菓子がいきると思っています。