winter's scarecrow

すき焼き ♪

e0158857_17434383.jpg



e0158857_1744486.jpg


京都の色街は遊びなれた商人の匂いがするが、江戸時代の初期まで遊郭(旧吉原)があったここ人形町はぶっきらぼうで職人気質な空気が今も残っているように感じる。

江戸時代の末期まであった芝居小屋、中村座や村山座、浅草猿若町へ移転するまでは、見世物小屋も点在し江戸のエンターテイメントの中心だった町。

ゼネコン女子 3人とおじさん2人で谷崎潤一郎の生誕の地に建つ、" すき焼き風しゃぶしゃぶ屋 "(上の写真とは別)を 食べさせてくれる店での誕生日祝いの飲み(食事)会。

十数年ぶりに箸をつけた見事な霜ふり牛をしゃぶしゃぶした。 (「冷蔵庫に残っているオオゼキで買ったオージーのコマ切れは明日、牛丼にしようっと」)

風を切って歩くバリバリのOL と焼酎で一杯という機会が殆どなかった人生。 どうしても緊張をして呑んでいるので酒の廻りが早いこと、早いこと。

Office Lady がどうしても Office Love の略だと考えてしまう。


e0158857_18392719.jpg



e0158857_18403938.jpg


新宿で焼き鶏の煙に包まれているお父さんたちの悲壮感がこの町にでは感じられない。 鬼平犯科帳で出てくるような出世を諦めた同心や気っ風の良さだけで生きている岡っ引きみたいな人々が肩を並べゆっくりと杯を傾けている。


" しらたきとネギの甘辛く煮たもの " が大好きなお父さんがいる。 
残業で疲れ電車に揺られてやっとの帰宅、食卓に置かれた鉄鍋の蓋を開けると、女房、子供たちが肉を平らげた残骸が残されている。

「味が染み込んでいて旨い、これで何杯でもご飯が食える」 春風亭昇太の十八番のネタ。
[PR]
by w-scarecrow | 2014-11-02 19:06 | 散歩 | Comments(6)
Commented by ぶるぼん at 2014-11-02 20:08 x
きりっと潔い店構えの筑前屋、入ってみたくなりますね~。
筑前煮やおきゅうと、焼き鳥が美味しいのかな。

東京の大学に進んだ長女が、東京の焼き鳥屋には豚バラがない、と嘆いていたのを思い出します。ここはどうなんでしょう。ああ~、お湯割り飲みたくなってきました。
Commented by w-scarecrow at 2014-11-02 21:32 x
ぶるぼんさん、こんばんは。
"おきゅと" というものを初めて知りました。興味深々。
大学生の頃、渋谷に博多のうどん屋さんが出店して初めてうどんって美味しいと思ったんです。関東のそれまでのうどんは真茶色のそばつゆだったので嫌いだったのですが博多のうどんの薄い色の魚介出汁のつゆにびっくりしました。
いつも呑みに行く九州居酒屋で豚バラの串を食べています。でも関東の焼き鶏屋ではないかもしれません。
Commented by gauche3 at 2014-11-02 22:13
酔客の会話や息づかいまでもが聴こえてきそうな写真ですね^^

人形町ではまともに(?)飲んだことがありませんが、

> Office Lady がどうしても Office Love の略だと考えてしまう。

という思考にまで至るのであれば、何としても訪れてみたいと
思ってしまいました(笑)
Commented by w-scarecrow at 2014-11-03 08:23 x
gauche3 さん、おはようございます。
夜の人形町界隈を歩いているとどの店も一杯やりたい気分になります。
妄想癖があるので路地裏へ入ると、タイムスリップして江戸時代へまっしぐら。そんな大らかな町のような気がします。
酔っ払いたちも笑顔で楽しそうです。
gauche さんも素敵なOL と縄暖簾をくぐってみてくださいね。
Commented at 2014-11-06 16:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by w-scarecrow at 2014-11-07 00:06 x
鍵コメさん、そのくだりはちゃんと憶えていましすよ。
ショートが似合う子って、そういないのでびっくりしました。
仕草もなぜか初々しくて、何があったんだろう?
Aちゃん、格好いいです。あのいたずらっ子のキャラはどこに置いてきたんだろう。