winter's scarecrow

Hong Kong

朝からの強い雨。

一日中、家に閉じこもっていることができない子供のように、雨間をぬって外に出るチャンスを窺っていた。

すべてのことがメールで済む時代になって煩わしさがなくなったが、こんな雨の日は携帯の着信音 ♪ 六本木心中 ♪ や固定電話の ♪ Amazing Grace ♪ が鳴らないかとつい電話機を見てしまう。

いつもは全く出ないセールスらしき電話も今日だったら、話し相手になってあげるのになぁ。

誰か「Wくん、あ~そぼ」と外から声がかからないかなっ。


e0158857_071659.jpg



昼ごはんはチーズクリームのレトルトのパスタソースがあったので、冷蔵庫にあるちりめん山椒と大葉を混ぜ合わせた。 
結構旨いんです。


啓徳空港が香港の空の入り口だったころ、パトリック・タム監督の映画制作で初めて香港に滞在した。 
空港から街中まで中華料理の香辛料の匂いがどこかしこに沁み込んでいるのを感じた。

おもちゃ箱をひっくり返したような歴史ある街の猥雑さ人々のエネルギーが、心の中の空白部分にぴったりとピースがハマった。

香港返還前に許鞍華(アン・ホイ)監督と普段は全くしない政治的な話をしたことがあった。

90数パーセントの漢族が残りの少数民族を支配している本国、「マイノリティーの人々のアイデンティティーを奪おうとする国家はいつか崩壊する」とアンは私の目を見て言っていた。

「返還前に移住することは考えてないの?」
「もう、若くはないし、どう変わっていくか自分の目で見つづけていたいの」

そんなアンの言葉を想い浮かべながら雨傘を持ち失われゆく権利を取り戻そうと集う若者たち、彼らに同調した市民たちの画をTV で観ていた。
1997年以前の香港、欧米では感じることがなかった、もともとの漢族が持っている大らかさ懐の広さ、少しばかりデカダン、あの自由で開放的な" Hong Kong " に大きなエネルギーをもらった。

客家(はっか)と呼ばれた漢族の源流の流れを汲む人々がいる。 
彼らの流浪の歴史、孫文、鄧小平、李登輝、侯賢孝(台湾・映画監督)、余貴美子(従妹の范文雀)等々、客家である人々の民族性の源を遡るのも発見がある。
[PR]
by w-scarecrow | 2014-10-05 19:58 | そのほか | Comments(4)
Commented by oko at 2014-10-05 22:04 x
台風襲来のニュ-スに臨戦態勢をとりひっそりと過ごす夜です。いつもながら ふっと笑えるwさんのブログで癒されています。そして、このそそるパスタの画。。。以前も釣られてウニカルボを作ったのを思い出します。
Commented by w-scarecrow at 2014-10-05 22:27 x
oko さん、いつブログ再開されるんですか・・。
同じ年にブログを始めたので気にかかります。 もう7年が経ってしまいました。
和風パスタ、訳ありの安いカラスミで作るのが結構いけます。
薩摩おごじょのnext one を待っています。
Commented by mother-of-pearl at 2014-10-05 22:39
スターフェリー乗り場の前は市庁舎だけが目立っていた1974年。
きっちり30年後に住むことになろうとは思いも寄りませんでした。

2004年は香港で過ごし、過酷な天候の下で“肉体労働”。
疲れ果てた夕暮れ時は多国籍料理で癒され、第3のふるさとになりました。

本土とは人も言葉も違うあの独特の密度の濃さが
薄められること無く存続して欲しい。
デモの人並みに埋め尽くされた地域のすぐ隣に“棲息”していました(^.^)
懐かしいタイトルに惹かれ、つい長居を致しましたm(__)m
Commented by w-scarecrow at 2014-10-05 23:43 x
mother-of-pearl さん、こんばんは。
香港にも住んでいられたんですか? たぶん九龍ではなくセントラル近辺ですよね。
パリよりもL.A.よりも活気のある街でしたよね。北京語とは違って敬語ない広東語の社会,喧嘩口調に聞こえますよね。
でも、現場に行って朝の挨拶はゾウサン(おはよう)、可愛い違和感がありました。
雲南料理は雲南で食べるより画然と香港で食べた方が旨い!と聞いていました。 旨かった。
仕事の合間に中国茶の喫茶で味あう、各地のお茶に癒されました。
m-o-pさんの第一の古里の焼酎を呑み、文を打っています。