winter's scarecrow

御朱印帳

e0158857_19235714.jpg




e0158857_19254113.jpg





e0158857_19284286.jpg
物事は形から入る。
15,6歳のころ、いっぱい小説を読まなければ立派な大人になれないと思い、まず小説を読み始めるのではなく、近代日本文学史や評論集から読み始める。

作家がどうやって生きてきたかを探って、グッとくる作家を見つけ短編から読みだす。
そのころのさじ加減は長生きした大御所の作家ではなく、夭逝した作家。
そんな遠回りをしてから、やっと辿り着く。

今、流行の御朱印帳を持っての寺社散歩。 
フットワークも良くなるのでやってみよっと去年から考えていた。
まずは格好いい御朱印帳、amazon の通販で買うのはもっての外、女子たちに人気のあるパステル調のひらひらした装丁のものはおっさんには似合わない。

調べて候補に上ったのは千葉県の櫻木神社のインパクトのある桜模様の御朱印帳、映画の中で高島礼子が着ていた着物の柄のよう。
もう一つは自由が丘熊野神社の草木染のやさしく穏やかな御朱印帳。

空に浮かぶひつじ雲を数えながらの寺社散歩。 まずは自由が丘熊野神社で御朱印をいただこうと思う。
でも今は神無月、神様たちは出雲に帰省しているので、ひと月待った方がいいのかも。
「早く、帰っておいで・・・」



e0158857_202579.jpg


お寺さんの御朱印帳は高台寺、東寺のものがなかなか渋い。 でも京都まで行かなきゃ・・・。 
by w-scarecrow | 2014-10-01 20:27 | 散歩 | Comments(6)
Commented by ぶるぼん at 2014-10-02 14:10 x
ちょうど三年前から御朱印いただくようになりました。これがけっこうハマります。
御朱印を見ると、それが糸口になってあれこれ思い出すんです。

拝観時間ギリギリで急かされながら書いてもらった夕暮れの室生寺。 期待度大だったのに、小学生の書初めみたいだった宇佐八幡宮。若いお坊さんがノートパソコンの手をとめて、ペタリ、と出来合いの紙をはってくれた九品仏浄真寺・・・。書きだすとキリがない(笑)
見た目はやっぱりお寺さんのものが面白味ありますよ。それから意外と、女性の字のほうが迫力があったりすること多いです。

お寺と神社と分けてますが、二冊目に突入しました。
Commented by w-scarecrow at 2014-10-03 10:31 x
ぶるぼんさん、おはようございます。
思い出の糸口、そう思います。ページを開くとそのときの音や匂いや道程の断片が浮かんでくるのかと思います。

お寺さんでは何種類かの御朱印があるんですね。本堂の名称だったり、ご本尊だったり、ご詠歌もあって。
ご詠歌が趣があっていいですね。
TV の旅番組で観たのですが室生寺は3ヵ所で御朱印をもらえるんですね。
ぶるぼんさんが言われたとおり本堂の女性が書かれた文字が力強かった。
九品仏の浄真寺は桜と紅葉が美しく好きなお寺さんなのですが、そんなシールみたいなものを貼るんですか? お坊さんたち写経もシールで済ましてしまうのかな?
そうお寺さんと神社は分けたいんです。 ただ御朱印帳をどこのものにするかで時間がかかっています。
Commented by gauche3 at 2014-10-04 22:06
はじめまして。
齢50を過ぎて、初めて御朱印帳を持ちました。
並んで買ったのは女房の方ですが・・^^;
頑張って巡っていきます。
Commented by w-scarecrow at 2014-10-05 00:19 x
gauche3 さん、はじめまして。
9:50pm に新サンマを焼き始め、gauche さんのブログを読み始めたら日付が変わってしまいました。
今から夕飯は食べるのはきつく味噌汁だけにしました。 なんでだろう?どんどんと過去の記事にへテンポよく進んで行きました。
例えるのは失礼かもしれませんが、10代の中盤に初めてディランⅡを聴いたときのような、初めて話し言葉の詩と出逢ったときの鼓動を感じました。西岡恭蔵、大好きな大塚まさじ。 (詩ではなく文で、洋楽では例えることができず)
御朱印帳、見開きがどこの寺社なのか誰を初めての人にするかで一歩が・・と中学生みたいに固まっています。
Commented by gauche3 at 2014-10-07 00:21
ありがとうございます。
僕も写真と記事をゆっくりと読ませていただいています。
ディランⅡは知らなかったので(すみません・・)、先ほど
ネットで検索してその存在を知りました。

御朱印帳も奥が深いんですね・・
気になって我が家にあるものを見てみたら、見開きが外宮と
内宮になっていましたが、次の頁は白紙でした・・
その後は何も進んでいないようです(^_^;
Commented by w-scarecrow at 2014-10-09 08:49 x
gauche3 さん、おはようございます。
とりとめのないただの言葉の羅列みたいな我がブログ。読んでいただきありがとうございます。
高校生の頃、関西BLUESにハマったことがあります。日常をそのままに映し出した気取りのない曲の数々、生で聴きたく京都まで行ったこともありました。
御朱印帳、見開きがお伊勢さんだなんてベスト御朱印帳です。
寺社のお守りをそばに置くのと違って、何月何日どこに居たと確認ができるのがいいですよね。達筆な寺社に出会えたら嬉しいでしょうね。
僕も御朱印帳を手にしてご近所の寺社をトコトコと廻ってみたいと思っています。