winter's scarecrow

かりんとう

e0158857_1223892.jpg




e0158857_1242155.jpg



駅から紅めいた井の頭通りをのぼってゆく。
日が短くなったな~、てっぺんに着くと通りの真ん中につるべ落ちの陽が沈んでゆく。
秋の黄昏は人恋しい。




S さんから山形土産に " かみのやまかりんとう " をいただいた。

普段、煎餅やスナック菓子、クッキーなど(乾き物?)はほとんど口にしないが、食べてみてびっくり!黒糖の香り高く、サクッとした触感が堪らない。











e0158857_12463513.jpg



あまりにも美味しかったので実家へも届けようと上山の大国屋さんに注文をした。



大國屋

山形県上山市二日町9-1

TEL: 023-672-2843


銀座の " おいしい山形プラザ " でも販売している。








関西のやや硬めのかりんとう、やわらかめの関東のかりんとう、東北では秋田の短冊形の生地に甘味噌を塗ったかりんとう、岩手の沿岸北部では煎餅形のかりんとうがあるらしい。


錦織圭くんの「のどぐろが食べたい」の郷土愛の言葉。
圭くんの古里と同じ島根県浜田産ののどぐろの干物が一尾、冷凍庫に残っている。

やっと昨夜、食卓に上がった。 Sサイズの干物だが上品な味に幸せ感満杯。 「また、お会いできますように!」と掌を合わせごちそうさま。

" にしこり " とはなかなか読むことができない苗字、鍛冶屋だとか鵜飼、大蔵、刑部など先祖がどんな職業の人だったかが解りやすい苗字は羨ましい。

中学校のころクラスには渡辺と渡部(わたべ)がいた。その二人だけでも紛らわしいのに、荻原と萩原もいた。
一年が経っても「どっちだっけ?」と覚えることができなかった。

もう少しで X'mas、 イヴの夜には L サイズののどぐろが食べたい!
by w-scarecrow | 2014-09-27 13:20 | | Comments(2)
Commented by kurashinonakaniya at 2014-09-28 15:48
急に 秋らしくなってきました。いつも 魅力あふれたお写真満載で 楽しく 拝見してます。ドーンと迫力あるかりんとう 美味しそうな触感が伝わってきます。これからの季節に 熱いほうじ茶と ぴったりですね。お母様、喜ばれるでしょう。 お元気なのが 羨ましいな。お大事になさって下さい。
Commented by w-scarecrow at 2014-09-28 21:02 x
kurashinonakaniya さんBlogのお彼岸のときの幾種類のおはぎ、どれもが光っていました。僕も中日の日に黒胡麻のおはぎを買いに行きましたよ。 
横浜中華街でも必ず黒胡麻饅を買って帰ります。香りが堪りません。
上山かりんとう、黒糖の味がしみ込んでいて、一本が長くて、かりんとうってこんなに美味しいんだと再発見。 老母は元気ですよ。曾孫の運動会を観に姉夫婦の家に滞在中です。多分、卓球場へも行ったことと想います。