winter's scarecrow

根岸から

e0158857_2047457.jpg




e0158857_20503374.jpg




e0158857_20524630.jpg



毎朝、起きるのは6時ちょっと過ぎ、目覚まし時計は使わずに勝手に目が覚める。

白い天井を眺めながら、昨夜は失礼がなかったか時間を辿ってみる。
反省の日がやたらと多い。


e0158857_20594812.jpg




e0158857_210469.jpg



朝の6時から8時までのTVのワイドショー?は各局の看板女子アナが爽やかさを競っている。
TVを点ける、TBSのフリーアナ夏目三久の衣装を観ながらセンスの良さをいつも感じる。 朝の報道がらみの番組なので制約があると想うが本人とスタイリストの嗜好がマッチしている。
他のバラエティー番組では昭和30年代の若い女性を想わせる清楚な遊び心あるデザインの衣装が印象的である。

そんな夏目ちゃんの衣装を確認して、テレビ朝日にチャンネルを変える。 人気度ナンバーワンの女子アナと看板女子アナ3人を揃えた、なにか高級キャバクラみたい局はスルーをしてしまう。

昼過ぎ、正岡子規が晩年を過ごした根岸の " 子規庵 " へ行く。
帰りは鶯谷から、日暮里、谷中霊園、谷中、千駄木へと抜けて千代田線で帰宅。


e0158857_2125754.jpg




e0158857_21264469.jpg




e0158857_21293459.jpg




鶯谷駅からラブホテル街を抜けるとそこだけタイムスリップしたような木造平屋建ての家が見えてきた。
東京帝大を中退した翌年、27歳の子規が転居した家、病に臥しながら六畳間から見ることができる小さな庭、そしてその向こうに見える心の風景を詠み34歳で生涯を終えた部屋から外を眺めてみた。


e0158857_21443740.jpg


室内の撮影は禁止だったので小さな庭からの子規庵の画です。


                            道見えて闇上り行く花火哉   子規
by w-scarecrow | 2014-09-06 21:48 | 散歩 | Comments(4)
Commented by ぶるぼん at 2014-09-06 22:36 x
子規庵、4,5年前に行きました。不自由な身体に合わせて切った文机や、紙粘土で再現した三度の食事メニューを見て子規を身近に感じました。

ついでに寄った向かいの書道博物館で「この裏は三平師匠のウチ、そのお隣は中村不折の孫のマンション」という話を小耳にはさみ、ぐるり巡って鶯谷駅へ。

ほんとラブホテル多かったですね。
Commented by mimo720 at 2014-09-06 23:13
わかります~(>_< )
私もこの間、調子に乗って飲んじゃって、反省したところです・・・(^-^;)
夏目さん、かわいい方ですね~♪
みくさんなんですね~?私、名前だけ見て、みつひささん?・・・男性かと思っちゃいました~(^-^;)
子規庵、へちまのグリーンカーテン(!?)で、涼しげですね。
私も釧路に住んでいるとき、石川啄木ゆかりの地をいろいろ歩いてみたりしました。
今行ってみたいのは、花子とアンの、福岡で連さまが住んでいたおうちです・・・(^-^)
Commented by w-scarecrow at 2014-09-07 09:36 x
ぶるぼんさん、おはようございます。
線路を挟んで向こうは寛永寺の森、ラブホテル街になっている子規庵あたりは色町だったのでしょうね。
そんな渾然とした江戸の町って歩いて愉しいです。ご近所の中村不折、虚子、長塚節や漱石、鴎外が子規庵を訪ね熱く語り合ったのでしょうね。
子規庵の室内はパネルの展示物ばかりで、おまけに案内のおばちゃんが六畳間で椅子に座っていたので、ごろりと転がってガラス戸越しに庭を眺めることができませんでした。 三平邸の前で「落語が上手くなってくれますように」と軽く手を合わせてきました。
Commented by w-scarecrow at 2014-09-07 09:59 x
mimo さん、おはようございます。
三久、僕はthank you とも読むな、ご両親はウィツトに富んだ方なんだと思ってしまいました。
mimo さん、釧路にも住んでいたんですか?2月の釧路は地面が凍土ではないかと想うくらい足から冷たさが伝わってきました。釧路から札幌に着いたら札幌がハワイのように感じましたよ。
コンサートでまた福岡に行かれるんですか? 朝ドラ、前回は杏ちゃんだったのにまたアンなんですね。
もう、mimo 家はストーブ焚いていますか? 旧友から十勝のジャガイモが送られてくるころになりました。愉しみです。