winter's scarecrow

ASAKUSA

e0158857_9162042.jpg


浅草5丁目、千束4丁目、かつて吉原の遊郭があった界隈、浅間神社前で植木市が催されていた。
見番へ向かう着物姿の女性が涼しげに映る。

「金魚、すくえなくてもあげます」 緊張気味に紙のポイを買う子どもたち。


e0158857_9294886.jpg



e0158857_931187.jpg


昼下がり、場外馬券場傍の一杯飲み屋からは競馬中継の実況が鳴っている。


e0158857_9332986.jpg




e0158857_93401.jpg



e0158857_10104521.jpg


藤棚が30m ほど広がる初音小路、30℃を越えた陽射しの強い午后、ここだけは風鈴が風で揺れている。


e0158857_9425873.jpg


花やしきの昭和の懐かしき観覧車が釣り下がっている。 隣りの観覧車が水平に見えるのでカップルには向いていないかも。


e0158857_9454579.jpg
 



e0158857_9465912.jpg



浅草寺へ。 参拝客の半数は外国からの観光客。 雷おこしは、きっと口に合わない。


e0158857_9503760.jpg



「一緒にぜんざいでも・・・」と誘いたくなるような粋なお姐さん。 やっぱ浅草はいい!


e0158857_953275.jpg



e0158857_9561390.jpg



浅草から合羽橋へ、お玉を買いにゆく。

午後4時過ぎ、浅草の飲み屋さんは満杯、皆、ほんと楽しげにジョッキを傾けている。
呑んべえの私が何故、素通りするのか?陽が沈む頃でないと「呑みたい!」と脳が欲っしないんです。

神田、浅草はこころ踊る町、そんな想いで集う人たちの姿も晴れ晴れしい。
by w-scarecrow | 2014-06-01 07:14 | 散歩 | Comments(2)
Commented by mother-of-pearl at 2014-06-02 12:59
ASAKUSA 雑踏に紛れたくなると、時々一人で行きます。

そう!この白黒写真の感じが好きで!
・・で、昨日台湾からきました~みたいな顔をして
仲見世を歩きます。

ふとカラーが現れるタイミングが心地よいです。

↓で、『かかしさんがてんや??』と、ちょっと嬉しくなりました。

ご飯粒を残せない私が、てんやに行ったらアカンでしょ!
と思うのに、たまに行きたくなります。
私は御徒町です(^.^)
Commented by w-scarecrow at 2014-06-02 21:58 x
mother-of-pearl さん、こんばんは。
雑踏にひとり身を置く楽しさ、新宿、渋谷とは違う底にあるみたいなものを浅草界隈を歩いていると感じます。

浅草から上野に向かって歩いて行くと江戸の風情からだんだん高度成長期の町を、湯島から本郷へ行くと明治時代の良き風情を感じて面白いですよね。
御徒町の”てんや”なんですね。てんやの天丼のタレが甘過ぎるので天ぷら定食ばかりです。
きすとイカ天があるだけでいいんです。
奈良のKさん、来られないんですか? 初音小路に連れていきたいですね。