winter's scarecrow

黒豆パウンドケーキ

e0158857_11361674.jpg





e0158857_11382214.jpg


この黒豆のパウンドケーキは美味しかった!

ホテルニューオオタニ内にある

" パティスリー SATSUKI "

長崎県でカステラに使われる鶏卵 " 太陽卵 " と徳島の和三盆、塩沢産のコシヒカリの玄米粉、丹波産黒豆で焼き上げられたパウンドケーキ。

品の良い甘さに、風味、まろやかさは卵がいいんだろうな~と感じる。

ニューオオタニがうちの近所にあれば週一は食したい。







昨年末に急逝したミュージシャン大瀧詠一さんのお別れ会が遺作の発売日に合わせて開かれた。

参列者は共に活動した音楽仲間が約250人、その4倍の千人以上のファンが献花に訪れたと記事にあった。


松本隆さんは弔辞で「僕の言葉と君の旋律は毛細血管でつながっていた」と述べた。

大瀧さんの作品は「趣味的」と評されるほど、自分の「好き」をとことん追求し、そこから生まれた作品は媚びることなく輝きを放ちつづけている。

才能を商業主義におもむね「消費される作品」作りに没頭する。そんな自称アーティストが幅をきかせる国でも「本物」は作れる。
大瀧さんの生き方、作品を振り返ると、強い一本の線が見えてくる。 アーティストという薄ぺらなカテゴリーではないミュージシャン大瀧詠一。


今日の東京は21度になるらしい。 トレーナー一枚で歩ける季節になった。
まだ新筍のタケノコご飯は作っていないので帰りに買ってくるとしよう。
by w-scarecrow | 2014-03-25 08:34 | | Comments(0)