winter's scarecrow

春の色どり

e0158857_16253685.jpg



冷たい北風が沁みる。


商店街の花屋さんの前で足を停める。


いつも一鉢でも買って帰ろうかと悩む。



今日は一足早く春と出会った。


赤、白、黄色と色とりどりのチューリップの鉢植えが店先に並び空気が華やいでいた。



「何色のチューリップにしよう?」


いつものように「また今度でいいか」と踵を返した。









e0158857_16394346.jpg



                                   東京大学生産技術研究所


e0158857_16404182.jpg





e0158857_16414163.jpg
東京は大地がいくつも連なり大小たくさんの坂や谷がある。

名前の付いている坂だけで520ヶ所、一番多いのが文京区らしい。


面白い名の坂も多い。

座頭ころがし坂、ぬめり坂、幽霊坂、暗闇坂、おいはぎ坂、あひる坂 etc.


私の育った地域も坂、坂、坂。

通った小学校の前はビール坂という名が付いていた。

サッポロビールの工場から、頻繁に荷を積んだトラックがビール坂を下っていった。


そんなせいか、坂のある風景が好きだ。 

尾道、長崎、神戸、函館。 L.A.よりもサンフランシスコの街の方が馴染む。

スイス人監督アラン・タネール作品 " 白い町で " 、ヴィム・ベンダース監督の " ことの次第 " の舞台となったリスボンの坂道の情景に憧れた。




チューリップのつぼみは前年の夏には球根の中で出来上がっているとラジオで言っていた。

しかし、秋に咲くことはなく冬の寒さに耐えたものだけが花開く。


春の花の鉢植えを買わなきゃ。
by w-scarecrow | 2014-02-22 20:35 | そのほか | Comments(0)