winter's scarecrow

ああぁっ

e0158857_18234130.jpg




e0158857_1826163.jpg
ニジマスではなく紅鮭と葉唐辛子のおにぎりを一個づつ握り、焙じ茶を水筒に淹れて西郷山公園へ行った。

芝生の上を子どもたちが風を引き連れて走り廻っている。

よちよち歩きの子が歩いては転びを繰り返している。

おにぎりを食べながら耳を澄ます。 聞こえてくる子どもたちの色豊かな歓声。

去年も同じ光景に重たい気分が払拭された。

蝶々は花にとまり 「いただきます」 と丁寧に羽を合わせていた。
そして 「美味しかった!」 と拍手をしながら飛びたっていった。

焙じ茶を飲みながら、そんな画が甦る。
子どもたちからエネルギーをもらい、常磐松(渋谷区東)へ行ってみようと思った。

出身中学の横を走り、隣りにある國學院大学へ。
この界隈は実践女子、東京女学館、広尾高、青山学院と学園地域。







e0158857_1851013.jpg


中学生の頃は授業が終わると既に腹はペコペコで、大学の校門を入ってすぐの立ち食いそば屋のたぬきそばで腹を満たしていた。

神道の國學院大学キャンパス内にある神社で掌を合わせ、枯山水にシャッターを押した。


e0158857_18574592.jpg




e0158857_1935964.jpg




e0158857_1953861.jpg


黄ばんだ町に溶け入りながら自転車を押し、国道246の坂をのぼる。 元気をもらうのではなく元気を与えなきゃな。

学生時代、黄昏時のこの坂を付き合っていた子とのぼったことがある。
涙をこぼしながらスタスタと歩く彼女を追いかけていた。 

普段はジーンズやパンツ姿が多く、久しぶりに私の誕生日にスカートをはいてきたボーイッシュな彼女に 「あれっ、女装してんじゃん!」と言ってしまった。 

明日は大雪になるみたいだ。
食べ物の買い出しはすませた、大丈夫。
by w-scarecrow | 2014-02-07 20:52 | 散歩 | Comments(6)
Commented by ぶるぼん at 2014-02-08 09:56 x
一枚目が枯山水ですか?現代アートみたいですね。
今回の写真、主にコンクリートや鉄を撮っているのに、
暖かみがあって素敵です。

若いころの彼女のエピソード、街のお嬢さんだな、
可愛らしいな~、と思いました。wさん、スマートな都会の
育ちでよかったですよ。
ここ九州だったら三倍返し間違いなし、ですから(笑)
Commented by w-scarecrow at 2014-02-08 19:35 x
ぶるぼんさん、こんばんは。
枯山水というと禅宗のお寺さんを想い浮かべるのですが、キャンパス内にこじんまりと神殿があるんです。隠れたパワースポットらしいんです。
学校が集まっている地域で緑のなかにも彩りのある町ですよ。
福岡だったら 「なん言いよっと、いっちょん解らん」
「ばってん、悪気はなかばい・・」 「しゃからしか」 こんな感じのやり取りになるのかな?
高校時代、リップクリームの存在を知らなかったので、テカテカした唇を見て「あれっ、天ぷら食ってきたの?」と言ってしまったこともありました。
でも福岡は魚介も鍋もうどんも旨いし女性も綺麗だから、転校生で行きたかったな。
東京は真っ白な世界、吹雪いています。
Commented by 至福の月 at 2014-02-09 16:52 x
ご無沙汰してます。
最近はサーモンと名のついたノルウェーや南米産の養殖鱒がスーパーなんかで幅をきかせてますね。
昔ながらの山漬けの紅鮭って見かけなくなったのは健康志向のせいなんでしょうかね?

今日は久々に街中へ出掛けて洋菓子店の前でバレンタインのチョコを品定めしている小学校高学年らしき女の子たちを見て、自分にとってバレンタインは「遠い日の花火なんだなぁ」としみじみ感じた一日でした。(笑)


Commented by w-scarecrow at 2014-02-09 17:52 x
至福の月さん、お久ぶりです。
牛丼店の朝定食に付いてくる焼くのではなく蒸したペルー産の養殖鱒。
年末にはアメ横に荒巻鮭(塩引き、山漬け)がズラーっと並んでいました。茶漬け、おにぎりには少しは塩っ気があった方がいいですよね。
魚の実名表記、回転寿司屋はどうなるんでしょう?誰も知らないカタカナの名前でいっぱいになります。
バレンタイン、子どもたちは女の子同士で贈りあうみたいですね。
バレンタインは海外では男が女に贈る物。数十年前にこの日を習慣づけた製菓会社はどうして女性がチョコを贈る日にしたんでしょう。
高齢化社会、恵方巻が突然進出してきたように、お年寄りたちがおはぎやお稲荷さんをプレゼントする日が制定されるでしょうね。 近い日の花火になるかもしれません。
Commented by mimo720 at 2014-02-09 18:11
Wさんは都会のど真ん中で育ったんですね~~。
学生時代のエピソード、
Wさんが書くと、
映画やドラマのワンシーンのように感じます(^-^)
元気をもらうのではなく元気をあたえなきゃ・・・
そういう存在でありたいな~って、私も思います(^-^)
ポチ☆
Commented by w-scarecrow at 2014-02-09 21:54 x
mimo さん、こんばんは。
先月、帯広に住む学生時代の親友夫婦が来て、今ブームなのは中心地から車で数十分行ったところに天然酵母のパン屋さんが増えてきて、わざわざ買いに行く人が多くなったと聞きました。

大好きなレミオロメンの♪ 3月9日 ♪ がまさにそんな曲なんです。
元気を与えられる人でいたいですね! 
携帯のなかった青春を想い起こすとドラマに見えてしまうかもしれません。
今でも少しだけkeep しています。