winter's scarecrow

お~い 大丈夫か~



             ポストが悩んでいる ポストがうな垂れている
    そこは玄関 ふだん逢うことができない人でも 直接「好きだ」と言えない人でも
病に伏している友人でも ありったけの想いを書いて 宛先のお宅の玄関に立ったように 「郵便ですよ」 と唱えながら投函する 


e0158857_16284272.jpg


11月14日は " いいとし " の語呂合わせでアンチエイジングの日だったらしい。

いつまでも若くも悪くないが、年を重ねて生まれる魅力もある。

『20歳の顔は自然からの贈り物。50歳の顔はあなたの価値』 ココ・シャネルの言葉は人生を映す鏡。


「え~と、テイクアウトでオリジナルチキンを2つ」
剛力彩芽ちゃんみたいな切れ長の目をしたケンチキの店員の笑顔に誘われて 「あと、ビスケットとタルトを付けてください」
「お一つづつでよろしいですか?」
「はい!♥」

エイジングが進んでいるようだ。 切れ長の涼しげな目元に弱い。
[PR]
by w-scarecrow | 2013-11-16 18:48 | そのほか | Comments(2)
Commented by yundes at 2013-11-18 17:57
ご無沙汰しております。
毎回、拝見はしているのですがコメントが久しぶりになりました。
ステキな写真ですね!斜めのポストを見たらわたしも気になってしまうだろうな~(笑)

遅くなりましが・・・ブログ6年目突入なのですね!凄い!
これからも、マイペースで続けられて下さいね。
美味しそうなもの、東京の街や人や風景、陶器などの写真と共にWさんならではの文章を楽しく拝見させて頂いてますよ!
Commented by w- scarecrow at 2013-11-18 22:14 x
yundes さん、久しぶりです。
酔って帰って、BLOG を拝見して「酔っている時はコメントを入れちゃいけないぞ!」と戒めて、時が過ぎています。
この悩める、ポストいいですよね、なんか人々の悩みを抱えこんでいるようで・・・。
BSの旅番組で貝塚市の寺町を紹介していました。泉州の風情いいですね。
yundesさんの写真の目線が、子どもたちの時は子ども目線で、街の写真は自分の背丈目線ではなく、すごくいいな!っていつも感じています。