winter's scarecrow

american pie

e0158857_16301565.jpg



日本晴れの日曜日 

家族連れで溢れる世田谷公園へ

ほんとに 世の中にこれだけの家族連れがいるのか!

と思うほどの賑わい


子どもが走る こける 親も走り寄る

泣きながら また走り出す


殆どの子どもは 突っ走っているが

中には蛭子さんみたいな子もいる

無表情で噴水の水飛沫を眺めながら 雑草をむしっている

子どもは走れ!!








公園を抜けたところにあるアップルパイ専門店 " GRANNY SMITH " 。
旬の紅玉を使った2種類のアップルパイを買ってきた。 上の写真はアーモンドとシナモンの香りのバランスがよいフレンチ・ダマンド。


e0158857_1647546.jpg


こちらはクランブルがのったクラッシック・ラムレーズン。
洋菓子屋のサバランを食べて大人の気分を味わって以来、ラム酒を使った洋菓子は見逃せない。 旨い!



e0158857_16543670.jpg


GRANNY SMITH


世田谷区下馬1-46-10

TEL: 03-6805-3353


online shopping 有り






e0158857_16585415.jpg


フィンランドの陶芸家ナタリー・ラハデンマキのC/S でコーヒーとアップルパイの幸せなひと時。


小学生の頃、家の近くに米軍の軍属のマーシャル一家が住んでいた。
長男のジミーはわが少年野球チームの4番打者、2つ下のトーマスは補欠。
戦争ごっこのときは相手が外人なのでかなり真実味があった。

土、日曜日の昼下がりは何かにかこつけてマーシャル家のダイニングに座っていた。
おやつの時間にはシフォンケーキやクレープやホットサンド、アップルパイを出してくれた。

母の作る、味噌をぬっただけのおにぎりや缶詰のみかんが入っていない冷麦、永谷園のお茶漬けのおやつとのギャップにカルチャーショック。

マーシャル家で食べたアップルパイが初体験なのか、酔っ払った父が買って帰った不二家のアップルパイが初めてなのか・・・? 
シナモンの香りが "兼高かおる世界の旅" を観ているようで嬉しかった。


10年に一度のレベルの大型台風が近づいてきている。 近所の居酒屋さんが営業しているかどうか確かめにちょいと出てきます。
by w-scarecrow | 2013-10-15 18:30 | | Comments(0)