winter's scarecrow

想い出づくり

e0158857_15301482.jpg


エッグベネディクト、近所のスーパーで売っているPASCO のイングリッシュマフィンにレタスにトマト、カリカリベーコンにポーチドエッグ、それにオランデソースをかけサンドした。

TVで3時間待ちで並ぶパンケーキの店のサブメニューでエッグベネディクトが映しだされていた。
「わっ、食いたっ」、こんなときのフットワークはすこぶるいい。
痛風の人には危険な食べ物かもしれない。

どうしてパンケーキを食べるのに3時間、待てるんだろう?


e0158857_11152955.jpg


今朝の東京はやや涼しめの風が吹いている。
冷房に疲れた躰をほぐしたいと思うのだが、猛暑の中、目的もなく街を歩くのは危険がいっぱいだ。

こんなときは鈍っている五感を呼び起こすのがいい、歯切れのいいスティックワーク、足元から突き上げてくるウッドベース、ミズズマシのように軽やかにタッチするキーボード、そう Jazz の Live へ行くのもいいかもしれない。
Blue Note Tokyo のスケージュールを調べる。 N.Y.に行った気分になれるラインナップ。
そんなウキウキ感で料金を見た。 ちょいとキツイ、1万円弱、酒を呑み出したら幾らになるのやら。 うな重の並が5回は食べられる。

ジャズでしっとりとするより、今の私には高揚感が必要だ。 そんなときは Superfly を聴くのが一番!
志帆のハスキーボイスがデトックス効果になるかもしれない!と検索したがライブの予定がない。

さてどうしよう? こんなまどろんだ気分のときは " 笑い " で暑気払いをできるかもしれない。
" 笑い " といったら、「何もいらない貴方がいてくれれば、あれから40年・・・」 綾小路きみまろだ。

お稲荷さんと干ぴょう巻きを頬張りながら、4~50年前のギャルたちと一緒に、" きみまろライブ " で大笑いをできるかもしれない。

きみまろライブ、23日千葉県八千代市、全席指定¥5500。 遠い。
それ以降は和歌山、岡山へと巡業してしまう。

『 ようこそおいで下さいました。 目を閉じたくなるようなお美しい方ばかりです。
 まだまだ老け込むには早過ぎます。 でも連れ込むには遅すぎます。
 新婚時代は口紅を引いて夫を待っていました。 今はカーテンを引いて待っています。
 ねぇ~、何を食べたいの?のと聞くだけ聞いて、いつものおかず・・・』

どうしよう? この夏の想い出づくり。
[PR]
by w-scarecrow | 2013-08-17 09:11 | | Comments(0)