winter's scarecrow

上弦の月

              新宿高島屋の正面入口でお客さまを迎えてくれる看板娘、結構好みのタイプ。

e0158857_14355593.jpg



        江戸の昔、女たちは七夕の夜、器に水を張って星影を映し、糸を通した針を浮かべる風習があったそうだ。

        機織りや裁縫が上手になりますようにとの願いや、糸で結ばれたいという想いも込められていたのかもしれない。

        思わず目に入ってきたTVの占い。 私の七夕の日の運気上昇のキーワードは " デパ地下 " とあった。

        そんな訳で猛暑の中、新宿高島屋の食品街へ。
        " 華正樓 " の味付けの濃い肉まんとシュウマイを購入。


e0158857_11312895.jpg


『 自分の一日の三分の二を自分のために持てない者は奴隷である 』  ニーチェ

私なんかはどうしたらいいんだろう? 三分の三を自分のために遣っている。
日本人はひとりの時間の費やし方が下手だという、中高生の女子たちはお手洗いへ行くときも数人で連れ立って行く。
社会人になってもランチは同僚たちを誘っていざご飯へ。 おじさんたちも「帰りに一杯行くか?!」と連れ立つ。

私はひとりでご飯を食べるのは慣れているのだが、海外のひとり旅のときは困ってしまう。
レストランへ入っても one dish の量が多すぎて食べきれない。
毎晩バールで美味しい軽食を頼んで、異国のおじさんたちの笑顔を肴にほろ酔い気分になって宿へと帰る。


e0158857_1147212.jpg


突然の雷雨、新宿の駅ビルで時間を潰す。 チェーン展開しているメガネ屋でPC用のメガネを買ってしまった。

そしていつも行く下北沢の飲み屋へ一番乗り。

e0158857_1151379.jpg


スーパーの前の笹飾りに 「お父さんが帰ってきますように」と子どもの字で書かれた短冊があった。 想像が巡る。

上弦の月も天の川も見上げることなく、サザンの歌を口づさみながらサウナみたいな部屋に辿り着いた。 

    ♪ 夢を乗せて走る車道 明日への旅 通り過ぎる街の色 思い出の日々~ ♪  暑っ!
[PR]
by w-scarecrow | 2013-07-10 08:17 | 散歩 | Comments(4)
Commented by 至福の月 at 2013-07-11 19:06 x
暑中お見舞い申し上げます。暑い日が続いていますがお元気そうでなによりです。
"希望の轍"といえば何故か"ドキュメンタリー白線ながし"が思い浮かびます。
お一人様、私は結構得意ですね。ひとりっ子だったからかなぁw?
Commented by w-scarecrow at 2013-07-11 23:27 x
至福の月さん、こんばんは。
フジTV系列のドキュメンタリー、岐阜県立斐太高校の白線流しの画が忘れられません。 受験生の彼らを一年間追った最良のドキュメンタリーでした。
高山本線で名古屋へ向かう景色の中に♪希望の轍♪が響いていました。
その数年後、名古屋でのCMでの仕事、あの時の斐太高のスタッフがいました。
あんな高校生活、夢多き十代を送っていたらなっと・・・。
昼飯はラテン系みたく一時間をかけて食べることはないので、ひとりのが楽!
Commented by at 2013-07-12 23:09 x
私もお一人様、全然平気です。。。
基本的に買い物はいつも一人で行くし、映画も一人の方が多いかも。。。
・・・といっても、みんなでおしゃべりしたり飲んだりするのも(゚m゚*)プッ大好きです~(^-^)
仲良しのマスターがいる飲み屋さんには一人でも行けるけど、
ひとり焼き肉やひとりカラオケはちょっと抵抗があるな~。。。
海外への一人旅はしたことないです~~!
海外への一人旅はちょっと勇気いりますね~。
希望の轍・・・、サザンの曲の中で一番好きな曲かも・・・!!
サザン復活しましたね~。さっそくCD予約しました~(^-^)
Commented by w- scarecrow at 2013-07-12 23:31 x
菜さん、海外の女性はファストフードをひとりで公園で食べる姿を見かけますが、都心の公園で自作のお弁当をひとりで食べているのを見ると、なんかときめきます。
世代感はあると想うのですが、30を過ぎたころから、自分ひとりの空間を愉しめるようになってきますよね。
馴染みのマスターのいる店でひとりで呑むのって、ホッと息をつける場所ですね。気が休まりますね。
♪ 希望の轍 ♪ 僕も一番好きな曲なのですが、サビが難しくてカラオケでは歌えないんです。
♪ 真夏の果実 ♪ の方のが歌い易くので十八番になっています。
あぁ~ふらの牛乳が飲みたい!