winter's scarecrow

e0158857_19102652.jpg


梅雨の晴れ間、清々しい一日。
陽に当たった紫色に変色したアジサイはもの悲しい。 仕舞い忘れたテルテル坊主みたい。

雨の日に強い青色を放っていたアジサイ、♪ でんでんむしむし カタツムリ おまえの頭はどこにある・・♪ と口づさみながら葉陰で身を縮めているカタツムリを探してしまう。


e0158857_19194815.jpg


♪ つのだせ やりだせ 頭だせ ♪ と俳人からよちよち歩きの子どもにまで愛されてきたカタツムリ。

そんな人気者に比べ同じ巻貝の仲間であるナメクジは可哀そうだ。
誰も歌にしてくれない。
「キモイ」と言われたり毛嫌いされている。 おまけに塩までかけられてしまう。


e0158857_19273250.jpg


大昔はそんなナメクジにも殻があったらしい。
家を背負っていれば外敵や乾燥から身を守れる。 反面、家を持つには多くの養分、エサが要る。

ナメクジは「俺には家はいらない」と殻を捨て身軽になる道をひたすら歩んできた。
そんなナメクジにシンパシーを感じながら、ニンニクのきいたエスカルゴで一杯やりたくなってきた。

e0158857_1936294.jpg


父の日に娘さんからの一報がなく、しょんぼりしていたカメラ好きのN さん、引っ越したばかりなのに団地に未練があるのか、まだUR の空き室情報を見ているらしい。
ずっと団地住まいだったのかもしれないが、大きな屋根の下のカタツムリ状態が好きみたいだ。

エスカルゴ、食べたっ!!
by w-scarecrow | 2013-06-27 19:45 | 散歩 | Comments(2)
Commented by mikazuki-beer at 2013-06-27 23:26
かかしさんこんばんは。

うなじ研究会の一員として1枚目2枚目の写真には感動しました。

そういえば最近カタツムリ見ていません。紫陽花にカタツムリ、定番ですよね。
エスカルゴには赤ワインでしょうか、白ワインでしょうか?
来週あたり行きましょう!
Commented by w- scarecrow at 2013-06-28 08:45 x
mikazuki さん、おはようございます。
艶やかというより瀬戸朝香に似た女性で健康的な?うなじ。
涼しげですね。
是非、mikazuki さんも up してくださいね。
エスカルゴのニンニクのインパクトに負けないのは石川県の加賀鳶か芋焼酎がベストだと思います。
たまに無性にカタツムリが食べたくなりますよね。 アサリで深川飯もいいかな・・ちょっとニャンコ飯ぽくなっちゃいますね。