winter's scarecrow

おけらシティー

東京オペラシティー。 ガラス張りであるのが判らないほどキレイにガラスを拭いている。
メイクも丁寧な感じだった。

e0158857_18424874.jpg


新宿から京王線に乗ったら驚く光景を見た。 座席一列(7名くらい)20代から50代の乗客全員が携帯やスマホを手にせず、前を見て座っていた。
こんな光景は滅多に見れない。

若者たちは「気になる人がいるんだけど、重たく思われたくない。だからメールは一回3行以内、電話は一日2回にセーブする」、これが平均的な若者の感覚らしい。

情報機器の発達とともに温もりを感じ取り、伝えることが下手になったのか、あるいはその逆なのか。
社会全体の体温が下がっているのか。


e0158857_18574946.jpg


同世代の人間と呑んでいて「もし、戻れるとしたら何歳くらいの自分に戻りたい?」と会話することがある。
私は「今のままでいいよ」と答える。
もし20代に戻ったとしても多分、懲りずに同じ生き方をしていると想う。
それに一年中、恋をしていなければならないので、それも面倒だ。

情報を指一本で検索できる時代ではなく、デートをするときは前々にロケハンをしてメニューの値段も頭に入れ、夜の公園に行く口実を真剣に考え、さまざまなシュミレーションを想定してデートに向かった、あの時代。
酒を呑みながら、そんな時代を懐かしむ。
やだやだ・・・立派なオジサンになってきた。

e0158857_19152645.jpg

by w-scarecrow | 2013-05-18 19:13 | 散歩 | Comments(2)
Commented by del at 2013-05-20 22:34 x
う〜ん 猪突猛進型だったわたしにはなかなかこの技は
使えないですね>重たく思われたくない 

思えば学生時代から知恵がないわたしでした。
思ったことはほぼ顔に書いていたようです。

今は恋をしていないのですか?
ちょっと気になります。




Commented by w- scarecrow at 2013-05-20 23:01 x
del さん、こんばんは。
そう20代の時は重たく思われたくないと考えていても、del さんと同じで突っ走りますよね。
今は大人の振りをしていますけど、殆ど成長しないで今に至っています。
今も寅さんと一緒で日々ドキドキしています。
ロト6を買う時は売り場にすごく爽やかなな人がいて、下北沢のみずほに決めています。何か当たりそうで・・。 
del さんちの近くの千駄木の坂の上のパン屋のもっちりしたパンが食べたい!