winter's scarecrow

旬とハクシュン

e0158857_1926351.jpg



                             菜の花に縁取られた小径をゆく

                 フライングぎみに花開いたさくらが まだ散らさんとばかりに風に耐えている

                        卒業生を見送り 新入生も迎えたいとでもいいたそうに

                          さよならと ようこその花吹雪 門出を花が励ます




e0158857_2252771.jpg





e0158857_22532088.jpg
漁が解禁された静岡・由比の生桜えびが届いた。

さくら咲くころに、花びらを水面に映したような桜えびが揚がる。


小さめの鹿児島産タケノコがオオゼキで¥480で売っていた。

迷わず桜えびとタケノコの旬と旬の食材でご飯を炊いた。

桜えびの仄かな深海の香りがご飯に沁みていた。

いいよな~ ニッポンって

イタリアを旅したときも同じようなことを言った。

こんなに旨いもんばっかり、あ~イタリア人に生まれてきたかった~。

中国原産の孟宗竹を日本に持ち込んだのは薩摩藩主・島津吉貴。 江戸に持ち込まれたのは18世紀後半。

目黒から池尻あたりまで孟宗竹の竹林が広がり、そのタケノコを食すようになったらしい。




バブルを謳歌した女子たちが40代後半以上となり、高学歴、高収入、高身長の三高を目指した時代はセピアに変色し、今は三平(落語が上手ではない一家ではなく)の時代に変ったらしい。

平均的収入、平凡な容姿、平穏な人柄が売り手市場になっているらしい。
なにか心豊かな春を迎えられそうだ。
by w-scarecrow | 2013-03-30 19:20 | | Comments(4)
Commented by kurota at 2013-03-30 22:14 x
駿河湾と薩摩の旬が そろい踏みですね!

こういう美味しいものを食べる喜びは何ものにも
代え難いですね。
このご飯 お櫃につめて宅配してくださ~い!!


Commented by w- scarecrow at 2013-03-31 10:46 x
kurota さん、おはようございます。
今年も由比に行かれるんですか?生桜えびのかき揚げが食べたいと思ったのですが、揚げ物を少量作るのはきついんです。
名古屋の桜は今が見頃なんですね。
かつて暮らしていた町の桜、春の思い出が被さってきますね。
クリスマス会はお寺さんで卒業式は隣りのミッション系の学校の講堂でやられたんですもね。
結婚式は神社だったんですか? 東京の桜は散り始めていますよ。
ちょっと淋しく感じます。
Commented by mimo720 at 2013-04-01 22:32
生の桜えびなんて、見たことがないかも~!!
筍と桜えびのごはんなんて食べたら、確かに
いいよな~、ニッポン!って思うでしょうね~!!
イタリアを旅した時は、いろんなことののんびりさ(!?)に、最初は、えっ!?(>_< )・・・って思ったりもしたけど、
そんなおおらかさも、この新年度の忙しい時には、
うらやましくも思ったりしますね~(^-^;)
三平の時代、いいじゃないですか~!!(^-^)
三平、ばんざい~!!(^-^)
Commented by w- scarecrow at 2013-04-01 22:57 x
mimo さん、こんばんは。
桜えびの初物、冷凍で送られてくるんですけど、それでもパスタでもご飯物でも揚げ物でもいい味を出してくれます。
干物とは違って楚々と主張してくれます。
日本もそうですけどイタリアの北と南と東西、かなり違う食文化で面白い。
mimoさんは三高の時代ではないと想うのですが、いつも近くでも離れていても見守ってくれる人がいいですよね。
と、自分に言い聞かせているみたいですね。
北海道もあと3週間後くらいで春の息吹ですね。