winter's scarecrow

ぼた餅

e0158857_17375378.jpg


多治見の陶芸作家・打田翠さんの片口があまりに綺麗なので、日本酒の注器で使うだけでは勿体なく、煎茶を飲むときの湯冷ましとしても使っている。
唐津や備前の伝統的な形の片口に少し飽きてきているので(関根まりの笑顔同様)、打田さんのポッコリとしたフォルムが新鮮だ。


e0158857_1739074.jpg

太陽は真東から昇り、真西に沈む、西方に沈む太陽を拝むことによって遙か彼方の極楽浄土へ達することができる。
彼岸の定義はそうかもしれないが、年を重ねても極楽浄土への憧れがない。
現生で四苦八苦しているのに来世のことは考えたことがない。
来世は以前書いたように出来たらグラビア・アイドルに生まれ変わってほしいくらいしか考えていない。
たぶん極楽ではないところに飛ばされているので、それも無理だ。

彼岸の入り、東横のれん街の仙太郎でつぶあん、きなこ、桜のぼた餅を買って実家へ届けた。
老母はぼた餅の大きさに驚き、「ごまのはないのかい?」と呟いていた。

仏壇に2つのぼた餅を供え、桜のぼた餅を今、食べるか迷っている。
TV に目を移し、ローラが喋っている姿をジッと見ている、いつもローラが映ると何か言いたげに画面を睨んでいる。

腰痛もすっかり良くなり、散歩に出て春の空気を愉しんでいるみたいだ。


観察史上でもっとも早いソメイヨシの開花、週末から来週にかけてが見頃みたいだ。
稀にみる厳しい冬が終わりを告げる間もなく、怒涛のように春がやってきた。

「花見弁当でも作って、満開の桜でも観に行ってみようか・・」と母に声だけでもかけてみることにしよう。
by w-scarecrow | 2013-03-19 18:22 | 食 + うつわ | Comments(4)
Commented by del at 2013-03-20 10:09 x
片口きれいですね。
わたしも器は好きで割とみているつもりなのですが
ここにお邪魔すると知らない作家さんがいっぱいです。

というより、お店で目にして、そのまま流してしまった
器だけど wsさんのお料理等で魅力に気づかせて頂く
という感じで、嬉しくありがたく思っています。

わたしも来世に対する欲求がないですね。
輪廻はあるのかもしれないけど、今 前世も覚えてないから。
食べること、遊ぶことばかり考えていた子供の頃 
"餓鬼道に落ちたらどうしよう??"と怯えていましたが 

お母様誘って差し上げて下さい。
両親と遠くに離れていると、親御さんと近くに住んで
ちょくちょくお顔を見せるのは 本当に親孝行だと
うらやましく思っています。

桜の写真載せてくださいね。
Commented by w- scarecrow at 2013-03-20 20:41 x
del さん、こんばんは。
こんな片口を眺めながらの一杯はこころ和みます。
注ぐうつわ、注器がどうしてか好きなので前を通ると足が止まっていまうのです。
お酒でも、お茶でも注ぐひと時が愉しいのかもしれません。
伊丹十三さんが好みの急須を求めて旅にでる → その心境がすごく解ります。

焼き〆の急須、常滑の土の急須、それぞれ淹れたお茶の味が違うように感じます。
そんな些細なことで愉しんでいる毎日、ちょいと変かも。

実家の近くの桜の綺麗な場所は目黒川なんですが、あそこは通り抜けで休める場所がないんです。
姉が誘えば行くのかもしれないんですが、桜を眺めたいという気持ちになってくれれば嬉しいですね。
そうなんです、今年はどこで桜を撮ろうか浮かばないんです。来週いっぱいかもしれませんね。
Commented by HAL at 2013-03-23 22:20 x
こんばんは。

>唐津や備前の伝統的な形の片口に少し飽きてきているので

あはは。
実は私は備前焼屋でございます。
で、生まれは唐津方面でございます。(笑
父はふらっと出かけては食器を買ってくる名人でした。
「唐津買ってきたから。」と何気に置くのです。
非常に若くして亡くなったのですが、その器はずっと
色あせずに母の食器棚にありましたね。
かかしさんの書かれたこの記事を見て昔のことをふと思い出しました。
子供の頃の記憶が駆け巡った感じです。ありがとうございます。

この週末はお花見でしょうか?
いえ、関東は雨の予報でしたでしょうか?
こちら大阪は、我が家の桜も並木の桜も未だ蕾んでいます。
来週でしょうか。
Commented by w-scarecrow at 2013-03-24 00:12 x
HAL さん、こんばんは。
もし、気持ちをがいされたのなら申し訳ありません。
片口の場合、唐津、備前、伊賀、酒器造りの名だたる名陶がいますが、伝統を継いでいて番外なものを見たくなってしまいます。
茶陶より酒器はある意味自由な部分が多いので遊びがある方が面白いと感じています。
唐津も備前も少しの遊びこころのある作品を造る陶芸家もいるので、展示会で感心しているときも多いです。
唐津の丸田宗彦さんの息子さんが四日市の内田さんのところで勉強されて、お父さんと内田さんの融合が魅力的だったりしました。
今年の桜は10日くらい早くて、みんな戸惑っていますよ。大阪はまだなんですね。