winter's scarecrow

消えてゆく・・・

e0158857_21275827.jpg



e0158857_21292829.jpg



e0158857_21303672.jpg


                         日々、日常という名の水面に浮いている。
                         日常は分厚い、それを強くこころに留めたのは二年前の春。
                         深みはわずかでも、日常という力に出会った。


e0158857_2139333.jpg


東急東横線渋谷駅、この駅の光景もあと数週間で見れなくなる。


e0158857_21461939.jpg



e0158857_21474194.jpg


以前、録音技師とデンスケ(録音機)でこのホームや渋谷の街中の音を拾ったことがある。
普段は全く意識のない、足音や衣擦れや鮮明な会話や訳のの解らいない叫び声等々、ズームアップして聴こえてくる。

ポーランドのキェシロフスキ監督の『 ふたりのベロニカ 』 という映画で、主人公のベロニカに消印だけが差出人を示すカセットテーブが送られてきた。
街や駅の雑踏音だけのテープ。 その音を辿ってゆく。
張りつめた想いの中、サンザザール駅へ行きつき、構内のカフェへと入っていく。 そこにはベロニカが惹かれた人形使い(童話作家)の男が座っていた。 ベロニカは走ってその場を立ち去る。
音が効果ではなくドラマを作っていた。

音を辿る。

e0158857_225881.jpg



e0158857_22584331.jpg



e0158857_2273633.jpg


ショップの店頭のスピーカーから流れてくる音楽にも麻痺してしまった。
行き交う人々は耳にイヤホンやヘッドホーンを当て、自分の感性に合わない音を遮断している。
音は内で流れ、ドラマに成熟してゆくのかもしれない。

東急東横店東館も78年の歴史に幕を降ろす。 渋谷の再開発が進んでゆく。
思い出はいっぱいあるが、取り残されないようにヘッドホーンをして街を歩くことにしよう。
by w-scarecrow | 2013-02-25 22:27 | 散歩 | Comments(2)
Commented by gori_rin at 2013-02-27 21:08
デンスケかぁ。
学生時代、運動部の対抗試合の取材でデンスケを肩に担いで青山の学院を訪れたことがあったけなぁ。その時に初めてウエンディーズを知り、その時の記憶で一番思いで深いのが、なぜかウエンディーズ。あぁ、チーズをつけて、またポテトが食べたい(笑)です。
 ひとつ上の先輩がロクスケといい、後輩にデンスケとロクスケを言い間違えられ、みんなで大笑いしたのも、懐かしい思いでです♪
もう、ずいぶん昔になるんだなぁ。
Commented by w- scarecrow at 2013-02-27 21:55 x
gori_rin さん、ひさしぶりです。
なにが悲しかったかってウェンディーズが撤退したときがキツかったです。
なにしろウェンディーズのチリビーンズやチキン・マッシュルームソースのバーガーがダントツに好きだったんです。
北青山にあったウェンディーズ、懐かしいです。
去年、再上陸しましたが高級ファストフード店になってしまってがっかり・・。
デンスケ、大宮でんすけの「でんすけ人形」とフクスケの人形が今でもほしいです。
なんか気分はチリビーンズになってきました。週末に作ってみよう!
先日の地震、大丈夫でしたか・・。