winter's scarecrow

bagel, cake, mabou

「生きてるうちに見つけてくださいまして、本当にありがとうございました」
日曜日の井の頭線、暖かな陽差しを受けて強張った躰がゆっくりとほぐれてゆく。
75歳で芥川賞を受賞した黒田夏子さんの言葉や辿ってこられた道を想い浮かべる。

e0158857_123993.jpg


西荻窪駅から女子大通りを5,6分歩いたところにある pomme de terre (ポム・ド・テール)。
私が行ったときには外に1組だけが待っていた。狭い店なので私の買い物が終わった時には2組の客が外で待っていた。

ベーグルも焼き菓子もサンドイッチも種類が多く迷ってしまう。
黒豆やりんご、くるみ、胡麻のケーキを買った。 しっとり感があり甘さもちょうどいい。


e0158857_11345339.jpg




e0158857_11341382.jpg
クリームチーズ、マッシュドポテト、ブロッコリ、ソーセージのベーグルサンド。

カボチャのフラン、生ハム、マッシュドポテト、ブロッコリの2種類のサンドイッチを買った。

もっちりとした重たいベーグルではなく、ハーフサイズなので何種類かのサンドを味わえる。

どれも工夫が施され、飽きさせないメニュー作り、評判通りもう一度足を運びたくなる美味しいお店だった。
満足!


近くにある TAGUCHI BAKERY でパン・ドミを買ったがこれもまた美味しかった。

西荻窪は心躍る街。

いつも寄る中華料理店、天縁飯店でいつもの麻婆豆腐定食を注文。
ここの麻婆豆腐が今まで食べた中でも一番好きかもしれない。

すぐ近くに絶品のカツ丼を出す坂本屋もある。




e0158857_1185897.jpg

pomme de terre


杉並区西荻北4-8-2-101

TEL: 03-5382-2611




1月31日は ” 愛妻の日 ” らしい。 日本愛妻家協会というのがあるみたいだ。
アスコットタイをした ” かみさん” のことを ” うちのワイフが ” と呼ぶナイスミドルの人たちのサークルなのだろうか?集まって何を語り合うんだろう?
もし対する恐妻家協会があったら「うちの、おたんこなすは・・」と話は尽きないだろうし、粋で呑んでも楽しそう。 サラリーマン川柳もいっぱいできそうだ。
[PR]
by w-scarecrow | 2013-01-29 08:15 | | Comments(8)
Commented by ふらんく?? at 2013-01-29 15:57 x
かかしさん、こんにちは。

芥川賞受賞の黒田さんのコメント、先日お亡くなりになられた
柴田トヨさんの詩...とても"綺麗で優しく"感じますね。
もちろん、かかしさんの文面や写真にはいつも引き込まれて
います(^。^)
こんな人生の先輩方をお手本にして、自分もいつか何か、
遅咲きのデビュー・・・できるかしら(無い無い)^^;

ベーグル、美味しそー!
ちょうど先日、西荻界わいを散歩してました。
数メートル歩くか歩かないか〜の内に足を止めてしまう程
気になるお店ばかり。
知り尽くすにはかなりの時間がかかりそう。
「かかし散歩」?のレポを参考にさせていただきまぁす。

そして今日、カレンダーにオレンジ色が塗れますように(o^^o)

Commented by del at 2013-01-30 17:55 x
おたんこなすです・・・
見た目は人相の悪いお多福ってとこでしょうか。

確か亭主関白協会とかいう会は 確か "亭主関白、
奥さま天皇"とかいうキャッチフレーズを使っていたような。。
わたしの身の回りにも"ワイフ"と奥さんを呼んでる方が
実際にいますね。三浦和義の真似かと思っていたのですが
(古い!) 特定の世代がそう呼ぶのでしょうか。

わたしも結婚してすぐは "たくのハズが・・・"と吹聴?して
まわってました。

西荻での食事はついつい それいゆ もしくはヴィレッジ
バンガードそして甘いっこ、喜多屋持ち帰り、という
ガッツリメニューになってしまいます。

ベーグルは魯山でポチコロベーグルを食べてから
他にはいってないのですが こんなおいしそうだったら
是非いってみたいです。

かつ丼。。いいですね~。お腹減ってきました~
Commented by w- scarecrow at 2013-01-30 20:53 x
ふらんくさん、こんばんは。
去年亡くなった映画監督、名脚本家の新藤兼人さんが「誰でも自分の周りの景色、そこに生きる人々を描けば名ドラマが生まれる」と授業で言ってました。
ふらんくさんの周りの人間模様、是非したためてください。
たまに西荻に行かれんですね。
吉祥寺の喧騒はなく、風合いのある街ですよね。
天縁飯店の麻婆豆腐、旨いです。
南口のアーケード下にあるテイクアウトの餃子専門店の餃子も旨いですよ。
昨日もカレンダーにオレンジ色を塗りましたよ。
ふらんくさんも是非、ブログを始めてくださいね。
Commented by w- scarecrow at 2013-01-30 21:12 x
おたんこ・・・違う del さん、こんばんは。
座椅子に座って喜田屋の豆大福を食べたら服が落ちた粉で真っ白になって・・・THE 昭和の和菓子屋という懐かしくて旨いですよね。
ちょいと贅沢なハンバーガーも嬉しいです。
亭主関白協会、なんか細見の神経質そうな親爺が♪ 俺より先に寝るな!高田の背番号も知らないくせに♪ とかうるさそうですね。
「うちのワイフが・・」は60歳以上の人でしょうね。 ワイフ=財布なんでしょうね。
「たくのハズ」いいっすね。
廬山のイベントでベーグル出してのかな? ベーグルのモチモチ感が好きでない男子でもここんちのベーグルはOKだと思います。
西荻、いい街ですね。メタボになりそうで怖い街かも。 
Commented by HAL at 2013-02-01 00:22 x
こんばんは。
読み逃げばかりしています。
私、何故か30歳の頃から人生の終息へのカウントダウンばかりしていて
先日も叔母から、これからがいい時じゃないのって叱られました。
ずっと執筆をしていたとしても、75歳にして文壇デビューって素敵ですね。
ここにも人生のすごい先輩がいたぞって嬉しくも頼もしくもありました。

先日、読み逃げしていた時に、同じカテゴリの記事画像というのに
備前焼の画像があって拝見しました。何度も言いますが、写真が美しいです!
自分のヘタレ具合が妙に悲しいです。どんなうつわ屋ショップサイトより完璧です^^

Commented by w- scarecrow at 2013-02-01 01:59 x
HALさん、備前、隠埼隆一、竹中健次、石井隆寛(伊勢埼一派)の感性、小さな盃にも引き込まれるものがありあます。
ARTというつまらない括りではない抜きんでた素養。
すごい伝統然としてない作家さんたちが備前にも美濃にも唐津にもいっぱいいるんですよね。
「(私を)見つけてくれて・・ありがとうございます」との言葉、重たいですね。
異端な彼女の心の置き場、どう巡っていたんでしょうね。
Commented by HAL at 2013-02-01 12:23 x
あ、田中小実昌について語りたかったです!(笑
昨日は(今日ですね)久しぶりに夜遅くまで目が持ったんですよ。

若かりし頃、広告代理店にいた時代があります。
100人も面接会場に来ていて、社長自ら面接官でした。
「最近読んで一番感銘を受けた本は?」
「田中小実昌のミミのことです。」
「よし、合格!」
こんな良き時代があったんですね~笑うでしょ?

かかしさんは星さんのうつわも持っていらっしゃいましたね。ほんとに素敵です。
備前なのに現代アートそのものだと思います。また色々教えてください。
Commented by w- scarecrow at 2013-02-01 22:13 x
HAL さん、こんばんは。
広告代理店の社長さん、すごい。
HAL さんが「感銘を受けた本は?」と訊かれて「片岡義男です」と答えていたら落ちていたんですね。
田中小実昌さんは夜の街で何度か見かけました。
ほんとハマッてしまう作家さんです。
作中の人物とのいい具合の距離感、眼差しの温かさ、コミカルであり時に哲学的であり、これだけ女性を魅力的に描ける人は稀有だったのかもしれませんね。
悲哀でけで終わらせない・・・。
備前の星正幸さんのうつわ、素敵です。
コミさんと同じように伝統と今とのバランスの良い距離感、オリジナリティーがさりげなくていいです。
すごい軽いうつわなんですよ。
前職の社長さん、すごい!